野菜ゲノム育種学

野菜ゲノム育種学

野菜には分類学的に多種多様な植物が含まれており,その栽培法や食品としての利用法もバラエティーに富んでいる。私たちの健康維持・増進に不可欠なこれら野菜の品種改良や品質改善に関する先端的研究が,連携大学院である野菜茶業研究所の多数の研究室において展開されている。とりわけ近年では,それぞれの植物に固有なゲノム情報をもとにして,DNAマーカーを利用した病虫害などに抵抗性を有する個体の選抜育成,有用遺伝子の単離・同定と品種開発への応用が積極的に進められている。本研究分野を専攻する院生は,充実した研究設備と多数の研究員に囲まれて,先端的な遺伝子・ゲノム科学の研究を推進することができる。

 連 携 教 授 齋藤 猛雄
 連 携 教 授 大西 純
 連 携 教 授 布目 司
 連携准教授 柿崎 智博

最近の出来事