生物資源経済学

現在、日本の食料自給率は40%まで低下する一方で、発展途上国での食料需要の増加やバイオ工ネルギー生産の増加などのために世界の食料需給は逼迫しつつあり、価格も上昇傾向にあり、今後の食料の安定供給に対する不安が高まっている。
本研究室では、このような日本や世界が直面している食料や農業、さらにそれと関連した環境や農村の問題について社会経済学的側面から研究している。

 教 授 徳田 博美
 准教授 中島 亨

最近の出来事