分子細胞生物学

動物細胞を主な研究材料として用い,細胞レベルで起こる様々な生命現象,例えば,DNA複製,転写,DNA損傷と修復,ゲノムの安定性,細胞分化,がん化,細胞死などの制御メカニズムにおけるクロマチン修飾の役割や,ビタミンとその関連化合物の生理作用などについて,生化学的,分子細胞生物学的手法を用いた基礎研究を行っている。一方で,これらの研究によって得られた知見を,バイオサイエンス及びその関連の多岐にわたる分野に応用することも目指している。

 教 授 奥村 克純
 助 教 緒方 進

最近の出来事