微生物遺伝学

有用微生物の生理機能を解析して産業に応用することを究極の目的としている。微生物の遺伝子解析から得られた情報をもとにして,培養方法の改善や分子育種による微生物の高機能化を行い, 効率的な物質生産を行うための基盤となる研究を行っている。具体的なテーマとしては,有用微生物の分子育種法の開発, 遺伝子工学や代謝工学による改良などで,特に嫌気性細菌の応用によるバイオマスからバイオエネルギーへの効率的変換に関する研究に力を入れている。また, 微生物が生産する酵素の遺伝子発現制御機構の解明を行い, 酵素の生産性を改良する研究も行っている。さらに, バイオマスを生産する植物細胞の遺伝子工学と物質生産についても研究している。

 教 授 木村 哲哉
 助 教 國武 絵美

最近の出来事