創薬化学

創薬化学イメージ図効果が大きく、副作用が小さい薬を創ることを目的として、薬剤分子の三次元的な「形(かたち)」に着目した研究を行っている。 具体的には、生物活性を示すペプチドを研究対象とし、薬剤分子の設計、有機合成、生物活性試験、三次元構造解析を行う。 この一連の過程により薬剤分子の「形」を最適化する研究を通じて、創薬に必要な有機化学、生物化学、分析化学、計算化学の専門知識・技術の教育を行う。

 准教授 増田 裕一

最近の出来事