生体高分子化学

海洋および陸水に生息する魚貝類の多様な形態と機能が陸上生物のそれらと異なるのは,水中の環境に馴化するために進化した結果であり,遺伝子やそれから機能発現したタンパク質など生体高分子の相違に起因する。これらの遺伝子やタンパク質などの生体高分子の情報,構造および機能を分子レベルで解明し,有効利用に資することを目的に,その学理と技術を教育研究する。

 教 授 加納 哲
 准教授 舩原 大輔

最近の出来事