水族生理学

魚類感覚器の特性解明を主な研究テーマとする。視覚の機能特性(視力・視野・色覚・光感度など)を組織構造や遺伝子解析により調べ,魚類が様々な水深・水域の光環境に適応して多様性を形成した仕組みを理解する。また,餌生物由来の化学物質に対する嗅覚や味覚の感受性を調べ,摂餌生態との関連や摂餌刺激機構の解明を行う。遊泳・摂餌行動の日周期性や生物時計の関与についても研究する。さらに,得られた知見を高い生産性を実現し,かつ生態系保全にも配慮した魚類増養殖技術開発へ応用する研究も行う。

 教 授 神原 淳
 准教授 宮崎 多恵子

最近の出来事