水圏分子生態学

水圏分子生態学教育分野では,「DNA情報から生物の多様性(生態,形態,行動)の謎と歴史(進化)を探る」を目的として,魚類を中心とした脊椎動物,軟体動物を対象に研究を行っている。具体的内容としては,
1)生物進化ならびに適応様式の解明
2)外来種の定着成功のメカニズムの解明
3)希少種保護に向けた知見の収集
4)分子情報を用いた育種技術の開発
が挙げられる。

 教 授 河村 功一

最近の出来事