応用行動学

水生動物の行動計測と生息域の環境観測をもとに,生態や分布の特徴と環境との関連を明らかにする。具体的には,魚類や甲殻類の行動計測装置の開発,生息環境の把握,実験装置内で生息環境の再現,行動の周期性解析,感覚器官の能力解析,環境変化に対する適応能力の解析等である。その応用として水産資源の効率的かつ持続可能な漁獲・利用に関する教育研究を行う。

 准教授 森川 由隆

最近の出来事