資源循環学科

 資源循環学科では,持続的な社会の基盤としての生物資源を,環境に配慮した方法で循環的に効率よく利用するための技術の開発や新しい社会のデザインをすることができる人材を育成することにより,調和のとれた循環型社会の構築に貢献することを目指しています。

農林生物学教育コース

 作物,動物,樹木,微生物等の生命のしくみ,それらの生物を取り巻く環境との関係,そして生物多様性についての学問を通して,食料・有用物質等の生物資源利用のあり方を学び,それをもとに地域社会の新しい持続型生産を可能とする専門知識や実践力を身につけることができます。

国際・地域資源学教育コース

 日本および世界の食料生産をはじめとする農林水産業の実態と環境に配慮した持続的な利用のしくみを社会科学と自然科学の両面から学ぶことで,地域に根ざしながら,世界的視野で活躍できる専門知識と実践力を身につけることができます。

キーワード・資格・就職先

キーワード:
生理・生態学、農業生産学、森林科学、社会・経済学、国際貢献
取得可能な資格:
高等学校教諭一種免許(理科・農業)、樹木医捕、学芸員
卒業後の主な進路:
国家・地方公務員、農林水産関連企業および関連団体、研究機関、教員など

講座・教育研究分野