直線上に配置

森林利用学(森林環境資源利用学)研究室

 日本の国土の約70%が森林です。この広大な森林は,重要な資源であり,また生物の生息・生育域でもあります。森林の持続的な利用と適切な管理を目指して,現地調査を行い,また数理モデル,リモートセンシング,GISなどを活用し,森林利用学,森林情報学的手法によって「木材生産作業の低コスト化」,「森林ボランティアの活動支援」,また「森林の広域的な分布・動態・機能の把握とその利用」などについて研究を行っています

直線上に配置

*研究室専用