TOP 三重大学 生物資源学部 旧共生環境学科
教授 現在空席
関連教員
准教授
(平倉演習林)
沼本 晋也
Shinya Numamoto numamoto@bio.
末尾にmie-u.ac.jp を続けて下さい
研究目標

 陸域における森林・渓流・湖沼・地盤・土壌など,相互に関連して変動する自然環境の保全と理解を目指し,災害や人間活動による自然環境の破壊と,安定した森林の形成過程について,水循環や土砂の崩壊・移動・堆積現象から把握し,保全するための知識と技術について教育と研究を行います。

研究内容

1. 環境破壊と災害
 集中豪雨や地震などによって発生する斜面崩壊や,崖崩れ,土石流などの環境破壊への実態と,災害にいたる過程を明らかにし,その軽減・防止方法を考えます。また,台風の猛威(強風や豪雨)による環境破壊は,山地斜面の森林や,水辺林,修景緑化樹林にまで及び,これらの被害を予測,軽減,修復するための保全技術を研究します。

2. 斜面崩壊・地すべりのメカニズム
 山地斜面や火山地域などの地盤強度が弱い斜面では,地すべり・崩壊が発生しやすく,その発生機構や,地盤の地形・地質構造の影響の解明し,保全技術を研究します。

3. 森林の機能と自然環境 - 環境保全 -
 禿げ山や森林伐採斜面の放置など,上流域で山地荒廃が進むと,少量の降雨でも侵食による土砂流出が発生するようになり,渓流や湖沼,河川下流域の環境破壊や荒廃化につながります。そこで,降雨条件と荒廃化との関係や,水辺林の役割を調べます。陸域の森林は,降雨・遮断・蒸発散・浸透・土壌水分変動・流出など自然環境の形成に重要な役割を果たしています。このような水循環過程を通して森林の機能が環境形成に関わる基礎的研究を行います。例えば,寡雨と渇水が森林と陸域に与える影響を水文・気象データを用いて総合的に解析し,森林が自然環境に与える影響を解明します。

4. リモートセンシングによる自然環境の把握とGISによる解析
 リモートセンシング,空中写真など地理情報システム(GIS)を用いて陸域における自然環境の変遷,荒廃化,災害実態の把握や,森林に代表される植生の自然回復,地表面変動過程の解明を行い,データベースに基づいた自然環境の理解を可能にします。


関連リンク:
砂防学会日本森林学会水文・水資源学会地すべり学会自然災害学会


教員からのメッセージ

 
森林は,陸域において自然環境を構成する代表的な要素であり,水源涵養機能などに代表される種々の公益的機能を有しています。例えば,森林が覆う山腹斜面において,土壌の小孔隙が小雨時に保水機能を発揮し,大雨の際には大孔隙からの排水が行われ,斜面崩壊を抑制するように機能しています。これはらほんの一例ですが,ここに自然の面白さと驚異があります。本研究室では,これら陸域の自然現象について,地球環境や森林環境の保全,あるいは脆弱斜面や,荒廃地,渓流の安定化,地表面変動と侵食抑制,自然環境の破壊と変遷といった面から理解することを目的としています。このような研究を行うために,現地調査と計測,室内実験,各種プログラミング言語や,データベースを利用したデータ解析を行います。また,各自の独創性を重んじた研究を行います。災害・荒廃による環境破壊の軽減と修復・回復をめざし,環境保全の一翼を担いましょう。


研究室ホームページへ 生物資源学部研究室DBへ