平成24年 研究助成・共同研究情報

リンク先                                                         
 農林水産省(研究機関が応募できる競争的資金)/ 環境省経済産業省(中部経済局) NEDO(公募情報)助成財団センターScience Portal三重大学研究助成公募案内システム 宇宙開発機構(JAXA)

 

No. 更新日 団体名 事業名称 カテゴリ 関連 予算 提出締切
備考
 102  2012年
9月20日
 食品安全委員会  平成25年度
食品健康影響評価技術研究
 競争的資金

研究領域(分野):
別紙「平成25年度食品健康影響評価技術研究の対象領域」[PDF] のとおり 

 -
2012年
10月31日(水)
 101  2012年
10月16日
社会連携チーム  平成25年度
包括協定にもとづく中部電力との研究テーマ
共同研究

 「電気・エネルギーの将来を支える技術」に関する件名)とし、包括協定の主旨である「三重県の地域社会の持続的発展に貢献する」に合致したテーマ
・安定的かつ安価なエネルギー供給のための技術
・効率的で利便性の高いエネルギー利用技術
・地球環境の保全に役立つ技術
・地域間格差是正を目指した地域振興施策

 -
2012年
11月5日(水)
 100   2012年
10月1日
 
 野田産研研究助成   2013年度募集要項  研究助成  

研究助成   :年齢制限無し

奨励研究助成:年齢制限あり 40歳以下
主として発酵化学を基盤とする産業寄与することを目的とする応用生命科学研究
応用微生物学(動植物の培養栽培を含む)の領域を基盤とする、食品、医薬品、
工業製品等生産並びに環境浄化等の分野を指します。

1件200万円
5件まで
2012年
10月31日(水) 
1件100万円
6件まで
2012年
10月31日(水) 
 099  2012年
10月4日 
 
 環境省   平成25年度
環境研究総合推進費
 
 補助金

 1.循環社会形成推進研究事業
2.次世代廃棄物処理技術:廃棄物の適正処理、循環型社会構築に資する技術等に関する研究

2012年
11月14日(水)
 
 委託

【公募区分に若手枠あり】
 1.全球システムの変動:地球規模のオゾン層破壊、温暖化、水循環及び海流が環境変動に与える影響
 2.環境汚染:国内外の大気環境、都市環境、水環境、土壌環境の汚染とそれらに係る越境汚染
 3.リスク管理・健康リスク:化学物質及び環境変化等がもたらす環境リスク、健康リスク
 4.生態系保全と再生:生態系撹乱、生物多様性の減少、熱帯林の減少、砂漠化及び自然との共生を対象とした生態系の保全再生
 5.持続可能な社会・政策研究:環境保全及び持続可能社会の構築に係わる環境と経済及び社会統合的政策研究
 6.領域横断:低炭素社会、循環型社会、自然共生社会及び安全・安心な社会の複数の領域にまたがる研究

 098  2012年
9月26日
 JST
JICA
 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム  

化学技術外交の強化の一貫(JST×JICA)
環境・エネルギー、生物資源、防災、感染症分野、
研究領域が複数にまたがる提案課題は、境界領域の
課題として提案を受け付けます。

3600万円程度
(間接経費を含む)
5年計画であれば
総額1.8億円程度
 
 2012年
11月13日(火)
正午
 097 2012年
9月3日 
JST   戦略的国際科学技術協力推進事業 競争的資金

 欧州11カ国14機関と協力し「災害に対する回復力配分」
および{効果的なエネルギー貯蓄と配分」の2分野に関する研究交流支援

日本側研究者は2年で
1000万円上限として
委託研究費を受け取る
ことができる
 2012年
11月15日(木)
 096  2012年
11月1日
 日本女性科学者の会  奨励賞  賞

 女性科学者の友好を深め、各研究分野の知識の交換をはかり、
女性科学者の地位向上を目指すと共に、世界の平和に貢献すること

 賞状及び奨励金
 11月16日(金)
 095 2012年
9月1日 
国際科学技術財団 2013年 
研究助成対象者推薦
研究助成 

科学技術の分野において、35歳未満の若手研究者 
「物質、材料、生産」分野
「生物生産、生命環境」分野

総額2千万円
1件100万円 
各分野10件 
学内締切
2012年
11月16日
 094 2012年
10月2日 
 情報通信研究機構  新世代ネットワークの研究開発に係る日欧共同公募 競争的資金

高度通信・放送研究開発委託研究として
以下の研究課題に関して研究受託者を
公募いたします。日本とECで共同で公募するもの

2012年
11月29日 
 093 2012年
10月15日 
地域財団法人農政調査委員会  東畑四郎記念研究奨励事業 研究助成 

社会系分野 40歳未満対象(学部生・院生応募可)

農業農村問題、食品流通、
農村振興と地域政策の問題

 1件当たり30万円
2012年
11月30日 
 092  2012年
10月1日
 東海産業技術振興財団

平成24年度
助成研究

 
 研究育成型

 【研究育成型】40歳未満対象
工学を基礎としたグリーンイノベーション(環境・資源・エネルギー・食料生産革新)、ライフイノベーション(医療福祉・介護・健康・情報通信技術活用)を推進する挑戦的研究

1件当たりの上限80万円
2012年
11月30日
 
 一般発展型

 【一般発展型】40歳未満対象
一定の成果が見込める産学官共同研究
1.環境関連分野、2.医療福祉技術関連分野、3.材料関連分野、4.電子・情報関連分野、5.生産技術関連分野、6.バイオテクノロジー

1件当たりの上限150万円
091    2012年
11月10日
 
 新技術開発財団   植物研究助成  研究助成 

 (ア) 植物研究園を利活用し、工学的手法を用いた植物の生態研究
 (イ) 植物の生態研究に必要となる新計測技術の開発

 
 
1件当たり150万円

2012年
11月30日 
 
 特定課題研究

 特定課題研究
震災復興に向けての植物多様性に関する研究、省資源・環境保全に関する研究
(ア)持続可能なみどりの回復・再生
(イ)植物生態系の改善・回復・保全
(ウ)植物を利用した省エネ・省資源対策

 090 2012年
9月1日 
 長瀬科学技術振興財団  平成25年度
研究助成候補者募集
研究助成

 (1)生化学:①微生物②酵素③細胞応答④バイオテクノロジー
キーワード:遺伝子工学、代謝制御、糖鎖工学、生体触媒、抗原抗体、細胞工学、組織工学、タンパク質工学、生体関連物質、糖質、バイオマス、ナノテク、環境エネルギー、バイオエレクトロニクス、バイオセンサーなど
(2)有機化学(材料化学含む)⑤有機合成⑥有機機能材料⑦生態関連機能物質⑧グリーンケミストリー
環境化学、生理活性物質、天然物、ナノ材料、新合成手法等

 1件 250万円
最大 18件
 
2012年
11月30日
 089  2012年
10月1日
(財)日本農業研究所   平成25年 人文・社会
科学系若手研究者助成
研究助成 

 22歳以上35歳未満
大学院生は大学院の指導教員による推薦書が必要
農業・農村問題に関する社会科学部門の研究と実験農場を中心とする畜産
及び環境保全型農業

 -
 2012年
11月30日
 088  2012年
10月1日
 岡三加藤文化振興財団  H25年度岡三加藤文化振興財団 研究助成 

 (1)三重県における科学技術に関する研究
 (2)三重県における科学知識の普及啓発
 (3
)三重県における文化活動

助成額 1,000万円
(1)研究助成 600万円
(2)普及啓発 100万円
(3)文化助成 300万円
 2012年
12月末日
様式希望の方は
社会連携推進室まで
 087  2012年
10月15日
京都防災研究所   平成25年度
共同研究の募集
共同研究 

 1)一般共同研究 2)萌芽的共同研究 3)一般研究集会 
4)長期滞在型共同研究 5)短期滞在型共同研究 6)重点推進型
9)施設設備利用型
2)と4)は博士後期課程院生が研究代表者になることができる。

 -
 2012年
12月14日(金)
 086  2012年
10月1日
新化学技術推進協会  進化学技術
研究奨励賞
賞 

2012年次点で40歳未満 学生不可
 課題1~11
材料、グリーンイノベーション、エネルギー貯蔵、など HP参照
特別課題
震災からの復旧・復興に貢献する化学技術に関する研究

 -	
2013年
1月10日 
 085  2012年
9月7日
 トヨタ自動車株式会社  第12回「トヨタ先端技術共同研究公募」  共同研究

 独創的且つ萌芽的な研究テーマ
領域1 「材料の機能・物性制御」
領域2 「熱エネルギーの有効利用」
領域3 「スピン流の制御」

 1件当たり1000万円上限
合計10件
 2012年
10月22日(月)
 084 2012年
7月10日 
JST 国際科学技術共同研究推進事業 競争的資金 

日本-EU共同研究課題
「希少元素代替材料」

平成28年度末まで
2億を上限とする研究費
2012年
10月23日(火)
 083 2012年
6月29日
旭硝子財団  平成24年度
募集自然科学系
「研究奨励」
研究助成 ①第1分野-化学・生命科学系の研究
②第2分野-物理情報系の研究
③第3分野-建築・都市工学系の研究

①200万円上限
②200万円上限
③実験研究200万円
③調査研究150万円
H25年4月~(1 or 2年間)

2012年
7月17日~
8月17日まで 
 082 2012年
7月9日
小野医学研究財団   平成24年度
小野医学研究助成
及び研究奨励助成
候補者募集
 研究助成  ・脂質代謝異常に伴う諸疾患の病態生理に関する研究
・脂質代謝異常の発生メカニズムに関する研究
・脂質代謝異常に伴う諸疾患の治療に関する研究
・脂質代謝異常に伴う諸疾患の疫学に関する研究
・その他上記に類する研究

1テーマにつき100万円

(総数は10件以内 )

2012年
8月17日(金)
当日消印可

 081  2012年
5月8日
 発酵研究所  平成25年助成金  研究助成 日本の研究機関に所属し、微生物(細菌、アーキア、
菌類、微細藻類)に関する研究を行っている個人
研究課題1:微生物の分類、生態、進化に関する研究
研究課題2:発酵、応用微生物に関する研究
研究課題3:健康、環境に関与する微生物の研究

 一般:300万円(採択数10件)
大型:1,000万円(採択数4件)
若手: 500万円(採択数1件)

 2012年
8月20日
 080 2012年
4月24日
 中部電気利用基礎研究振興財団 平成24年
助成公募
 研究助成  電気、電子、情報、通信、応用物理、土木、建築、
機械、応用化学、メカトロニクス、新素材、エネルギー、
環境、バイオ、複雑系科学、農水産、家政、保健衛生、
技術史等他、効果的な電気利用の拡大に関連する研究
45歳以下

A1 研究  100~ 31 万円
(採択:3~ 6 件程度)
A2 研究  200~101 万円
(採択:8~12 件程度)
A3 研究  300~201 万円
(採択:1~2 件程度 )

 2012年
8月27日(月)
研究科長の
推薦手続要
 079 2012年
7月5日 
文科省
(JST)
 平成24年度
戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)
競争的資金  「コミュニティがつなぐ安全・安心な都市・地域の創造」

東日本大震災をはじめとする災害から得られた課題や
教訓を科学的に検証し、災害対策の実現に向けた
研究提案を募集

カテゴリⅠ: 
3年上限 10百万円未満/年
カテゴリⅡ:
3年上限 20-30百万円/年
プロジェクト企画調査:
初年度は4ヶ月 数百万円以下

2012年
8月28日
(正午)
 078 2012年
7月9日
日本環境財団 平成24年度 日本環境財団研究助成 研究助成 1.発酵食品に関わる研究
2.有機農業に関わる研究
3.森林に関わる研究
4.省エネルギーに関わる研究
5.リサイクルに関わる研究

 50万~100万円

2012年
8月31日(金)
 077 2012年
5月7日
 文科省
(JST)
平成24年度
国際科学技術共同
研究推進事業
 競争的資金  「幹細胞のエピジェネティクス」に関わる
日-カナダの研究者による共同研究課題

 日本側はH29年度まで
2億を上限とする研究費を
受け入れることが出来る。

 2012年
8月31日(金)
 076 2012年
6月29日 
旭硝子財団  環境研究 
近藤次郎グラント
研究助成 

①生態系・生物多様性の保全のための管理手法
②環境リスクの定量的表示法に関する研究
③資源循環をさせるプロセス・システム開発

実験研究:700万円以内
調査研究:400万円以内
H25年4月から2~3年以内
2012年
7月17日~
8月31日(金)
 075 2012年
6月15日
文科省
(JST)
日本-台湾
研究交流課題「バイオエレクトロニクス」
競争的資金 

日台研究交流の共同支援のための新たな枠組み
JSTとNSCは日台の研究交流のため
「バイオエレクトロニクス」の領域で国際的な
研究成果の実現を期待します。

3年間総額で
1,500万円を上限
(採択予定3件)
2012年
8月31日(金)
 074

2012年
6月11日

文科省
(JST)
平成24年度
戦略的国際科学
技術協力推進事業
 競争的資金

日本側研究者
3年間で1,500万円を上限
2012年
8月31日(金)
 073  2012年
7月9日
 粕森情報科学振興財団  粕森情報科学振興財団  研究助成

 情報に関する研究

総額 2000万円位
(採択件数13~15件)
2012年
8月31日(金)
 072 2012年
8月2日
矢崎科学技術振興記念財団  2012(H24)年度研究助成 研究助成

(1)一般研究助成(エネルギー、新材料、情報に関する分野)助成期間(2)奨励研究助成(エネルギー、新材料、情報に関する分野)若手研究者(原則35歳以下)に対して、助成期間1年で100万円以内の助成
 

(1)3年で200万円以内
(2)1年で100万円以内
2012年
8月31日(金) 
 071 2012年
8月2日
 関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団 第18回(平成24年度)助成事業応募要領(総合防災科学分野)  研究助成

 電力供給をはじめライフラインの早期復旧に資する、
次の項目をキーワードとします。(若手40歳以下
・災害と社会システム
・災害と情報システム
・災害と人間行動 

本申請は、三重大学が「関西圏」に含まないため申請対象に入らないことが分かりました。訂正してお詫びいたします。(8/7現在)

若手奨励:100万円以下
一般研究:100~300万円
2012年
8月31日(金) 
 070 2012年
7月9日
 水谷糖質科学振興財団  第20回
糖質科学研究助成
 研究助成

重要課題は複合糖質とその関連物質の有機化学的、
生化学的、生物物理学的、分子生物学的、
細胞生物学的、ならびに医科学的研究

1年で700万円
(10件程度)
間接経費は10%以下
2012年
9月1日(土)
 069 2012年
7月5日
ノバルティス科学振興財団 ノバルティス
研究奨励金
研究助成 

生物・生命科学および関連する化学の領域における
創造的な研究を助成する。

申請制限あり 機関につき1名申請可能
 申請を希望される方は、学内審査のため
 締切までに申請書を社会連携推進室までご提出下さい。

1年間で100万円
(40件程度) 
※学内締切
2012年
9月3日(月)

提出先:
社会連携推進室
 068 2012年
8月2日
 日本酪農乳業協会 「乳の社会文化」学術研究  研究助成 牛乳飲用習慣の形成に関する要因分析
牛乳の栄養経済性の計測
和食と乳の融合(その食文化的意義の検証)
我が国酪農乳業の産業的発展に係る構造分析
学校給食における牛乳利用の歴史的評価
乳をめぐるリスクコミニュケーションの現実と課題
 年間一件当たり原則
として100万円以内
2012年
9月10日(月) 
 067 2012年
8月2日 
日本学術振興会  特定国派遣研究者 海外派遣 本事業は、我が国の研究者が相手国の研究者を訪問し、研究、意見交換等を行うための経費を支援し、将来にわたって持続発展するような共同研究や人的ネットワークの基盤作りを促進するものです。 学内締切
2012年
8月29日(水)
 066 2012年
8月2日 
日本学術振興会 二国間交流 共同研究・セミナー 国際交流 9 月締切分においては対応機関との合意に基づく二国間交流事業を、対象とした二国間交流事業を募集する予定です。今回募集する相手国・対応機関(対応機関との合意に基づく二国間交流事業のみ)  - 2012年
9月12日(水)
 065 2012年
7月26日
JST  研究成果展開事業 戦略的イノベーション創出推進プログラム 競争的資金

平成24年度研究開発テーマ
「革新的医療を実現するためのバイオ機能材料の創製」

1課題当たり、
年間最大7千万円
2012年
9月19日(水) 
 064 2012年
8月1日
JST  平成24年度
戦略的国際科学技術協力推進事業 
競争的資金

日本-フィンランド研究交流課題
「メディカルサイエンス」(
メディカルICT機器の応用)
「メディカルICT機器の応用」分野で考えられる研究課題としては、e- Health、環境補助生活、スマートホーム、教育の問題、規制の問題、機器及びソフトウェア 開発、データ転送、データ加工、テスト開発、サービスシステムなど

3年間で1,500万円を上限 
2012年
9月26日(水)
 063 2012年
6月29日
文科省
(JST)
平成24年度
戦略的国際科学技術協力推進事業
競争的資金 

 日本-南アフリカ研究交流課題
「ライフサイエンス」

(1)感染症に重点を置いた医学研究
(2)植物学、海洋生物学、微生物学
*日本側研究者に合わせ、相手側研究者から
NRFに同様の提案申請がなされない場合は、
審査対象となりません。

3年間で1,500万円を上限
(採択予定3件)
 2012年
9月28日(金)
 062 2012年
8月2日
JST  平成24年度 研究成果最適展開支援プログラム 
A-STEP
競争的資金 

【本格研究開発ステージ、実用化挑戦タイプ(委託開発】大学等の研究成果に基づく実用性が検証されているシーズのうち、開発リスクを伴う規模の大きい実用化開発を支援し、実用化に資する研究開発の達成を目指します。

期間:最長7年
総額:1~20億円
2012年
9月28日(金)
正午
 061 2012年
8月2日 
加藤記念バイオサイエンス振興財団  平成24年度
研究助成
研究助成

(1)メディカルサイエンス分野
(2)バイオテクノロジー分野
 若手40歳以下

総額5,000万円
(全25件、1件200万円) 
2012年
9月28日(金)

 
 060 2012年
8月2日
花王芸術・科学財団  科学技術研究の助成 研究助成 

【化学・物理学分野】:採択件数 5件
表面分析、表面改質、コロイド、(超)微粒子、クラスター、乳化、分散、吸着、触媒、膜、界面活性剤、ベシクル、リポソーム、液晶、ゲルなどの固体、液体の表面に係わる研究
【医学・生物学分野】:採択件数 5件
生物個体が外界や自らのもつ内腔(腸管、気管など)に接する、部位や、脈管系(血管、リンパ管など)を形成する表皮、上皮、内皮の各細胞およびその付属器官や関連する生理機能を対象とする、個体、臓器、細胞または分子レベルの医学・生物学
助成対象者一覧
 

総額1,000万円
(1件 100万円)


2012年
9月30日(日)
 059 2012年
4
月24日
内藤記念
科学振興財団
2012年度
内藤記念科学
振興財団
 研究助成

 人類の健康増進に寄与する自然科学の基礎研究
研究助成若手(40歳以下)女性研究者
海外学者招聘海外研究留学

応募制限有り(各事業につき1名まで申請可能)
申請予定の方は、5月11日(金)迄に申請事業名を
社会連携推進室(担当:羽津本)までご連絡下さい。

研究助成:300万円(80件)
若手:3年間で1000万円
女性:200万円/年の3年間
招聘:エリアによる
留学:300万円(2013年3月)
研究助成
2012年
6月1日(金)

海外研究留学
2012年
10月1日(月)
 058 2012年
7月9日
園芸振興松島財団 平成24年度
第39回研究助成
研究助成 

 青果物(花きを除く)の生産、流通および消費に関する研究活動で、編成26年9月末までに研究成果が期待されるものとする。

70万円上限 総額240万円
 
 057 2012年
8月2日 
日本学術振興会  研究拠点形成事業 競争的資金 

A.先端拠点形成型
B.アジア・アフリカ学術基盤形成型

A.1課題当たり
  2,000万円以内 
B.1課題当たり
  800万円以内
2012年
9月6日(木)~
10月4日(木) 
 056 2012年
8月2日 
日本学術振興会  国際共同研究事業国際科学研究協力事業 競争的資金

対象分野:合成化学,化学触媒反応,理論・計算科学化学,測定とイメージング構造,ダイナミクス,メカニズム, 高分子,超分子,ナノ化学環境化学生命化学

1課題につき、
各年度1,500万円以内
総額4,500万円以内 
2012年
10月16日(火)
 054

2012年
3月16日 

日本学術振興会  平成24年度
トップレベル
研究拠点プログラム
競争的資金  公募要項参照

事前応募登録が必要です。
:2012年5月28日(午前10時)~31日(午後5時)

 1拠点当たり
年間2.5億~7億円程度
実施機関:10年

事前登録
2012年
5月28日
 応募書類:
2012年
7月2日~3日
(10時~
正午及び
13時~17時)
 053 2012年
4月24日
 (公)コスメトロジー研究振興会  2012年度「コスメ
トロジー研究」公募
 競争的資金

 ※学内で2名以上申請を希望される場合、
採択率が下がる恐れがある為、学内締切を
設けます。申請を希望される方は6月中
社会連携推進室までご連絡下さい。

100万円または50万円
(総額2,8
00万円) 

平成24年12月頃交付

 2012年
7月9日
研究科長の
推薦手続要
 052 2012年
6月1日 
浦上食品・食文化振興財団 平成24年度
研究助成
 研究助成 1.食品加工技術に関する研究
2.食品と健康に関する研究
3.香辛料食品に関する研究
4.食嗜好に関する研究
5.食品の安全性に関する研究

 1課題につき300万円限度
(採択予定1~3件)

 2012年
7月10日
 051 2012年
4月24日
 野口英世アフリカ賞委員会  野口英世アフリカ
賞受賞候補者推薦
 競争的資金  アフリカでの感染症の疾病対策のため、アフリカの
医学研究分野または医療活動分野において顕著な
功績を遂げた者。特に医療活動は福祉の向上に
貢献した者であること。

 医学研究分野
医療活動分野
それぞれ1億円授与

 2012年
7月10日
研究科長の
推薦手続要
 050 2012年
6月1日
キャノン財団  研究プログラム理想の追求 研究助成  「海」に関する斬新な研究プロジェクト
(1)生命をはぐくむ神秘なる海の研究
(2)資源の宝庫である海の研究(遺伝子資源含む)
(3)環境の変化をもたらす海の研究 

 新規採択総額約1億円
1件当たり5000万円程度
(助成額は直接経費)

電子申請:
2012年
7月13日 
応募書類提出:
7月17日
研究科長の
推薦手続要
 049 2012年 
6月18日
文科省 平成24年度 
国家課題対応型
研究開発事業
 競争的資金 -次世代IT基盤構築のための研究開発-
「社会システム・サービスの最適化のためのIT統合化システムの構築」 

上限2億5千万円程度
(採択予定1件) 

2012年
7月17日(火)
 048 2012年
6月18日 
文科省 平成24年度 
国家課題対応
型研究開発事業
競争的資金   -次世代IT基盤構築のための研究開発-
「イノベーション創出を支える情報基盤強化のための新技術開発」

上限3億2千万円程度
(採択予定2件)

2012年
7月17日(火)
 047 2012年
6月29日
海苔増殖振興会 平成24年
研究助成公募
研究助成 平成24年度海苔養殖の発展に資する
長期的・基礎的な研究に対する研究助成公募

申請書は社会連携推進室までお申し出下さい。

 1課題につき年40万円以内
4月1日から翌年3月31日まで

2012年
7月27日
 046 2012年
4月24日
ダノン健康
栄養財団
平成25年度
ダノン学術研究
研究助成  栄養と健康に関する基礎的/臨床的研究
小児栄養、高齢者栄養およびプロバイオティクス

総額1,200万円 

 2012年
7月31日(火)
 045

2012年
6月1日

文科省
(JST)
A-STEP  競争的資金

FSステージ
①探索タイプ(1,000課題程度)
 →コーディネーターか企業研究者との連携申請
②シーズ顕在化タイプ(100課題程度)
7月4日学内説明会チラシ

①基準額170万円
②基準額800万円
期間:最長1年
2012年
6月1日(金)
7月31日(火)
正午 E-rad
 044 2012年
7月9日
 光化学技術研究振興財団 平成24年度の募集課題  研究助成  【第1課題】光化学の未知領域の研究-光の本質-
 【第2課題】細胞間あるいは分子間の情報伝達についての研究
1) 光科学に関する基礎的な研究又は将来性ある研究で、
その内容が独創的であること。 2) 研究の成果が学術面と
産業経済の発展に寄与する可能性のあること。 3) 研究の
計画・方法が研究目的を達成するために適切であること。

 総額 5,000万円

 2012年
7月31日(火)
 043 2012年
7月2日
鈴木謙三記念医科学応用財団 平成24年度
調査研究助成
研究助成 課題1:(1)日常身体活動・機能の非侵襲的な
測定装置の開発(2)QOLの向上を目指した
医療技術の開発
課題2(45歳以下対象):(1)病態の解明と病態モデル
の開発(2)生理活性物質と創薬に関する研究

課題1:500万円以下
課題2:200万円以下 

2012年
7月31日(火)
研究科長の
推薦手続要
 042

2012年
3月22日

第一三共
生命科学
研究振興財団
平成24年度
研究助成
研究助成

a基礎的生命科学分野、b臨床的生命科学分野、
c創薬生命科学分野

生命科学、特に疾病の予防と治療に関する
諸分野の基礎的研究並びに臨床への応用的
研究に意欲的に取り組んでいる日本国内在住
50歳未満
推薦者は機関につき原則1件

希望される方は5月11日迄に
テーマ名を
社会携推進室までご連絡下さい。

 1件当たり200万円
助成件数は30件の予定

 
2012年
5月31日

 041

 2012年
4月18日
重要

 JST  平成24年度復興
促進プログラム
 A-
STEP

 探索タイプ
コーディネータ共同申請
申請を希望する方は事前に社会連携推進室まで
ご連絡頂いた上で、遅くとも期限10日前までには
申請書を作成下さい。

基準額170万~
最大300万円 

2012年
5月31日 正午
(e-rad申請
デッドライン)

 シーズ顕在化タイプ
※被災地企業と大学研究者の共同申請

 基準額800万円

 040

2012年
4月2日

(公財)
鉄鋼環境基金
事務局
2012年
環境助成研究募集
研究助成

鉄鋼製造、鉄鋼製品、鉄鋼副産物に関わる
環境保全技術・環境影響評価技術環境創造
技術等の研究開発 ,大
気環境保全技術 
水質環境保全技術,副産物の利用促進技術 
地球環境問題 エコプロセス

一般研究助成 
1,500千円/年以下
 (40件助成)
若手研究助成 
1,000千円/年以下
(15件助成) 
若手=35歳以下 

 2012年
5月31日
メール提出 
要項
 039 2012年
4月24日
 アステラス製薬 募集プロクラム  研究助成

 A.研究テーマ事前設定型
 B.保有化合物活用型
 C.研究機関保有標的活用型
 D. 技術課題解決募集アイディア型

A.100万円~1億円/年
原則1年
C.共同研究費として
100万円~1億円/年
D.指導料として
10~300万円/件
 2012年
5月31日
 038  2012年
5月7日
 農水省  平成24年度
農林水産政策
科学研究
委託事業
競争的資金 

 募集テーマ
①農産物・食品の有する多様な機能・効用を
効果的に発揮し需要を喚起する、医食農の連携
を通じた新流通・消費システムを構築するための
体系的な政策

②独創的な農文化システムが維持されている
地域を文化、景観、生物多様性の多角的な側面
から総合的に評価する手法の開発とこれらの維持
・保全を推進するための政策

 700万~1000万円
(単年度)
採択する課題数
①②合わせて6-7課題
研究期間
1課題につき3年以内
2012年
5月31日
17:00まで

申請様式1に
研究科長の
押印が必要
 037 2012年
5月8日
 JST 平成24年度 
国際科学技術
共同研究推進事業
競争的資金

日本-ベトナム-タイ 東アジア共同研究プログラム
「ナノテクノロジー・材料」
「バイオマス・植物科学」
三カ国間の研究者の派遣・招聘やシンポジウム等
開催を含む支援

日本側:1,950万円
     (3年間の上限)
期間:正味3年間
2012年
5月31日
 036 2012年
4月24日
(公財)山崎香辛料振興財団  平成24年度
研究助成
 研究助成

 香辛料の基礎的研究並びに関連分野に関る
研究3区分(現在材料部門、応用部門、総合部門)
申請書様式(excel

1件当たり100万円
採択件数H23年は11件
H24年は15件程度
2012年
5月末日 
035 2012年
4月24日
 JST  平成24年度
戦略的
創造研究推進事業
 競争的資金  低エネルギー低環境負荷で持続可能な
ものづくりのための先導的な物質変換技術の創出


環境、エネルギー、創薬等の課題対応に向けた
触媒による先導的な物質変換技術の創出

Ⅰ:1億5千∼ 3億円未満
(研究期間5年の場合、
 年平均3千- 6千万円程度)
Ⅱ:7千5百万円程度
(研究期間5年の場合、
年平均1千5百万円程度)
Ⅲ:4千万円程度
(研究期間が5年の場合、
年平均8百万円程度) 

 2012年
6月7日
 034 2012年
4月19日
 JST  平成24年度
戦略的
創造研究促進事業
 競争的資金

 問題解決型サービス科学研究開発プログラム

①高齢者が陥りやすい危機的状況の回避と回復の
ための仕組み作り【Ⅱ】②認知症高齢者の社会での
受容と新しい社会秩序のあり方【Ⅱ】
③新たなパーソナルモビリティと安全な移動空間
づくり【Ⅱ】④まちぐるみの生涯学習の場づくり【Ⅰ】
⑤社会実験を推進する上での阻害要因等の整理と
解決策等の研究手法の開拓【Ⅰ】

カテゴリⅠ:2-10百万円
未満/年

カテゴリⅡ:20-25百万円
/年程度を上限 

 2012年
6月13日
 033 2012年
4月19日
 JST  平成24年度復興
促進プログラム
 競争的資金 産学共創 テーマ
「水産加工サプライチェーン復興に向けた
革新的基盤技術の創出」

最大3,000万円程度/年
期間 2-3年

 2012年
6月14日
 032 2012年
5月7日
 鈴鹿市  鈴鹿市産学連携開
発支援事業補助制度
 補助金  市内の中小製造業等が大学との共同により、
またはその指導により行う新商品新技術の開発
に要する経費に対して補助される。

 補助対象経費の1/2
相当額
上限250万円

 2012年
6月15日
 031  2012年
4月19日
 農水省  平成24年度若手
農林水産研究者表彰
 40歳未満の、農林水産業及び関連産業に関する
研究開発の業務に従事する個人

農林水産技術会議
会長から、原則5名以内に
賞状を授与します。 

 2012年
6月15日
 030  2012年
4月19日
 

住友財団
 
基礎科学研究助成 研究助成 理学(数学、物理学、化学、生物学)の
各分野及びこれらの複数にまたがる分野の
基礎研究で若手研究者による萌芽的なもの 

助成額 :最大500万円
(総額 1億6千万円)
採択件数 :100件程度 

【学内締切】
 2012年
6月15日

研究科長の
承認手続要

 

 

 

 029  2012年
4月19日

 環境研究助成
a.一般研究
  環境に関する研究(分野は問いません。)

b.課題研究
 2012年度募集課題
「持続可能な社会実現の革新的方策に関する研究」

a.助成額:最大500万円
(総額 9,000万円) 
採択件数:50件程度

b.助成額 最大1,000万円
(総額 2,000万円)
採択件数:2件程度

 028 2012年
5月16日
公益財団法人住友電工グループ  社会貢献基金 研究助成

 自然科学、社会科学の基礎研究、地球環境等現代の
諸問題に関する研究、産業発展に関する研究など
科学技術発展に対して意義が大きいと当財団が認めた
研究に助成を行います。

2011年採択課題:
http://www.sei-group-csr.or.jp/business/pdf/2011research.pdf

 総額 2,000万円

助成額:最大200万円
     (1件あたり)

【学内締切】
2012年
6月19日(月)

研究科長の
承諾手続必要

 027 2012年
5月7日
文科省
(JST)
 先端的低炭素化
技術開発(ALCA)
競争的資金

 公募対象の技術領域:
 a. 太陽電池及び太陽エネルギー利用システム
 b. 超伝導システム
 c. 蓄電デバイス
 d. 耐熱材料・鉄鋼リサイクル高性能材料
 e. バイオテクノロジー
 f. 革新的省・創エネルギー化学プロセス
 g. 革新的省・創エネルギーシステム・デバイス

申請書提出後、面接選考時に所属機関長の
承諾書の提出が必要になる場合があります。
申請される方は、承諾書作成に時間を要するため
事前に担当(羽津本)までご連絡下さい。要項p16

総額
5,000~1億5千万円

採択件数
全体で20件

 研究開発期間
2~5年

2012年
6月20日(午

 026 2012年
5月2日
経産省  平成24年度
戦略的
創造研究推進事業
競争的資金
コミュニティで創る新しい高齢社会のデザイン
研究開発成果実装支援プログラム
科学技術イノベーション政策のための科学

 要項参照

2012年
6月20日
6月25日
6月27日

 025 2012年
4月24日
 黒住医学財団  第48回「小島三郎
記念文化」賞推薦
 賞  病原微生物学、感染症学、公衆衛生学
その他これらに関連した領域

 -

 2012年
6月24日
研究科長の
推薦手続要
 024 2012年
4月19日
 JST  平成24年度復興
促進プログラム
(マッチング促進)
 競争的資金  仙台、盛岡、郡山に配置するマッチングプランナー
の協力のもと、被災地企業のニーズを発掘し、
解決できる被災地をはじめとした大学との技術
シーズマッチング

 可能性試験:~200万円/年
タイプⅠ:200万~1,000万円
タイプⅡ:1,000~2,000万円
研究期間:1~3年

 2012年
6月25日
 023 2012年
5月18日
JST  平成24年 
研究成果展開事業
 競争的資金

 先端計測分析技術・機器開発プログラム
各種様式は5/22以降公開予定(以下要項PDF)

(1)重点開発領域
グリーンイノベーション領域
放射線計測領域(2次公募)
(2)領域非特定型

申請様式7に所属機関の同意、事務連絡先
記入箇所有り(担当:羽津本までお問い合わせ下さい)

 要項参照

 2012年
6月29日正午
 022

2012年
3月22日 

伊藤記念
財団 
平成24年度助成  研究助成 
食肉及び食肉製品の食的価値、
加工技術及び家畜生産技術の向上に関する
研究または調査
1件当たり 概ね
50万円~200万円
 
 2012年
5月21日(月)
 021

2012年
5月9日

 文科省
JSPS
 頭脳循環を加速する
若手研究者戦略的
海外派遣プログラム
 競争的資金
 国際共同研究ネットワークの核となる
優れた研究者を育成し、我が国の学術の
振興を図ることを目的とする。
大学等研究機関が、研究組織の国際研究戦略に
沿って、世界水準の国際共同研究に携わる
若手研究者を海外に派遣し、様々な課題
に挑戦する機会を提供する取組を支援する。




応募者多数の場合は4件に制限するため
申請書作成前に社会連携チームへ報告下さい。

 1件当たり
年間3000万円以内

 学内応募
制限有り

【学内締切】
5月25日(金)
(申請する旨
報告下さい)

 020

2012年
5月7日

経産省 平成24年度
地域イノベーション
創出実証研究
補助事業
競争的資金
①早期事業課支援枠
②技術シーズ事業化支援枠
※申請に当たっての諸注意(要項p5.144)
1.企業・研究機関の共同申請のため
中小企業者を補助事業者に含める。
2.申請様式1,2の代表者欄に研究科長
捺印が必要です。
①800~
  2,000万円
/1年以内
②800~
  3,000万円
/2年以内
2012年
5月28日(月)

研究科長の
捺印が必要
 018

2012年
4月16日

JST 平成24年度科学
技術コミュニケー
ション推進事業
競争的資金
「リスクに関する科学技術
コミュニケーションのネット
ワーク形成支援」プログラム
上限は、2,200万円
採択は1件程度
 2012年
5月21日(月)
 019

2012年
5月7日

総務省  平成24年度
情報通信利用促進
支援事業費補助金
競争的資金 
高齢者・障害者のための通信・放送役務の
高度化に関するもの 実施されていない
高齢者・障害者向け放送サービスの充実を
図る目的
2012年
5月21日(月)
 020

2012年
5月7日

文科省
(JST)
平成24年度
将来のHPCIシステム
の調査研究
競争的資金
今後のHPCI技術開発に関する報告書
を踏まえてシステムの選定を行います。 
選定したシステムについて、ハードウェアの
技術動向調査、システム設計研究・システム
ソフトウェアの検討等を行い、5~10年後の
我が国のHPCIシステムに必要な技術的知見
を獲得することを目的としています。
総額4億3,6百万円
(1)システム設計分野
(2)アプリ分野
 2012年
5月21日(月)
 017

2012年
4月16日

 富士フイルム
・グリーン
ファンド
 平成24年度応募  研究助成

自然環境保全・
自然とのふれあい活動

 

 活動助成申請書 /
 研究助成申請書 (募集要項
総額 850万円


(本年度は4件)
 2012年
5月21日(月)
 016

2012年
4月16日

 クリタ水・環境科学振興財団  平成24年度
国内研究助成
研究助成  ≪ 分 野 ≫
自然科学: 持続可能な水環境の保全と
再生に関連する先端的な技術、評価方法
管理手法 に関する研究
社会・人文科学: 水環境に関する法規制
経済、教育等に関連する研究
    
 ≪ 区 分 ≫
萌芽的研究 : 水環境の改善や新しい
技術の創造につながる可能性を秘めた
研究であって、原則として35歳以下
若手研究者が遂行する研究。
一 般 研 究 : 先駆的、独創的な研究
により、助成期間(1年間)で一定の
成果が見込める研究であって原則として
45歳以下の研究者が遂行する研究
自然科学:
一般 50万円
萌芽 150万円
社会・人文科学:
一般 40万円
萌芽 70万円

 2012年
5月17日(木)

E-mail提出
 015

2012年
3月26日
重要

JST CREST
さきがけ
競争的資金 

チーム制は「CREST」で申請 /
単独は「さきがけ」で申請 

【来年度、再来年度も募集の可能性がある領域】
・分散協調型エネルギー管理システム構築のための
理論及び
基盤技術の創出と融 合展開
 (システム、制御、情報、通信、

エネルギー、社会科学など様々な研究分野)

【来年度も募集の可能性がある領域】
・二酸化炭素資源化を目指した植物の物質生産力
強化と
生産物活用のための基盤 技術の創出
※5(研究総括:磯貝 彰)

・海洋生物多様性および生態系の保全・再生に資する
 基盤技術の創出
(研究総括:小池 勲夫)
【本年度が最後になる募集領域】
・藻類・水圏微生物の機能解明と制御による
バイオエネルギー
 創成のための
基盤 技術の創出

応募要項参照 

 CREST:
2012年
3月22日(木)
5月15日(火)
正午

さきがけ :
2012年
3月22日(木)~
5月 9日(水)
正午
 014

 2012年
4月13日

 中部科学技術センター  平成24年度
中部科学技術
センター学術奨励
研究助成
 研究助成
 企業の研究者、技術者の創造的研究開発の
意欲の高揚を図り、科学技術水準の向上と
中部地域(愛知、岐阜、三重、静岡、長野、
富山、石川、福井)における産業の発展に与
すことを目的し、毎年表彰を行うこととする。
 1) 大賞 1件
2) 振興賞 2件
3) 奨励賞 2件程度
 2012年
5月11日(金)
 013

2012年
4月16日

日本学術振興会 
国際生物学
賞委員会
 第28回
国際生物学賞
 賞
 第28回受賞分野は「神経生物学」
 所属機関長が1名推薦
希望される方は4月27日までに
社会連携推進室までご相談下さい。
賞状、賞金1,000万円
2012年
5月11日(金)
 012

2012年
4月24日

 JST  平成24年度研究
開発施設共用等
促進費補助金
 
 競争的資金

 「創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業」(第2期)

応募要項参照

 2012年
5月8日(火)
 011

2012年
4月16日

JST   平成24年度
戦略的
国際科学技術協力
推進事業(日中韓)
 競争的資金

 省エネ、防災、水循環に関する研究交流課題の募集
※三カ国協力研究機関
JST × 中国科学技術部国際合作司 × 韓国研究財団

日本側研究者:
3年で1,950万円を上限 

 2012年
4月2日

5月8日(火)
17時
 010

2012年
3月16日 

JST 平成24年度
理数系教員養成
拠点構築事業
競争的資金 

公募要項参照 

各年度上限額は、
2,000万円を目安
 2012年
3月14日(水)

5月7日(月)
17時必着
 009

 2012年
4月16日

 総務省  平成24年度
電波資源拡大の
ための研究開発
に係る提案公募
 競争的資金

  民間企業等の研究機関に委託

1. M2M型動的無線通信ネットワーク構築                 3.0億円程度、3か年
2. 複数周波数帯の動的利用による周波数有効利用        6.5億円程度、3か年
3.広帯域離散OFDM技術                                    3.5億円程度、3か年
4.マルチバンド・マルチモード対応センサー無線通信基盤              7.5億円程度、3か年
5.次世代衛星放送システムのための周波数有効利用促進    4.3億円程度、4か年
6.周波数の有効利用を可能とする協調制御型レーザーシステム 2.0億円程度、3か年
7.ミリ波帯ワイヤレスアクセスネットワーク構築のための周数高用     6.5億円程度、4か年
8.90GHz帯リニアセルによる高精度イメージング           4.3億円程度、4か年

 2012
4月7日(土)
~5月7日(月)
 008

2012年
4月16日

 総務省 平成24年度
戦略的
国際連携型研究
開発推進事業
 競争的資金

 日本及び外国の研究機関による共同提案に対し
研究開発資金を支援する競争的研究資金制度。
平成24年度からは、欧州連合(EU)加盟国の
研究機関と共同で研究開発を実施する日本の
研究機関からの提案に対して委託を行います。

 研究開発期間  
 最長3か年度
 研究開発経費
 単年度1課題当たり
 上限1億円

 2012年
5月7日(月)
 007

2012年
3月22日 

文科省 気候変動リスク
情報創成プログラム
 
競争的資金 

A.「直面する地球環境変動の予測と診断」、
B.「安定化目標値設定に資する気候変動予測」、
C.「気候変動リスク情報の基盤技術開発」、
D.「課題対応型の精密な影響評価」、
E.「気候変動研究の推進・連携体制の構築」 

 

領域応募型:A~Eは
1課題/1億2千万円
単一課題応募型:
課題/2千万円 

 

  2012年
3月21日
~4月20日(金)
18時15分

e-Radシステム
及び電子媒体
(郵送orメール)
 006

2012年
3月8日

 文科省 ナノテクノロジー
プラットフォーム
 競争的資金

対象技術領域:微細構造解析、微細加工、
分子・物質合成


全国の大学・研究機関が所有する、
先端的なナノテクノロジー

研究設備の共用ネットワークを構築し、
画期的な材料開発に挑む
産学官の利用者に対して、
高度な技術支援とともに利用機会を提供。

事業規模 18億円
事業機関 10年(予定) 

  2012
3月2日(金)
4月23日(月)
17時

文書必着、
e-Rad登録
機関承認終了
必須
005

 2012年
2月14日

JST  戦略的
国際科学技術
協力推進事業

平成24年度 
日本-タイ
研究交流事業
 競争的資金

 1. 微生物バイオテクノロジー
 i) パイロットスケールによる生産時間短縮および
生産コスト低下の検証を視野に入れた、組み替え
タンパク質または生物学的製剤の生産能力の向上の
ための新技術

 ii) 多遺伝子発現のための異種発現システムの
   改良に向けた新技術

2. アグロバイオテクノロジー
 i) 主要農作物の改善のためのバイオテクノロジー
3. 機能ゲノミクステクノロジー
 i) ゲノムデータおよび遺伝子/
 遺伝子産物の機能の大規模解析のための新技術

 ii) 遺伝子/遺伝子群の特性評価および正確・精密な
  ハイスループットゲム解析のめの新規解析技術

 3年間(36ヶ月)の
総予算額
:原則として、
1500万円を超えない

 2012年
4月18日(水)
17:00
 004

2012年
4月2日

社会連携チーム  H24年度
三重大学地域
貢献活動支援
研究助成 

•募集対象活動
・地域の発展・活性化につながる活動
・研究シーズ等が地域に役立つ活動等
・活動は、三重県内の地方公共団体、
 各種団体、 NPO等との共同実施を行う。
 
提出書類:1.地域貢献活動提案書
        2.実施計画書

5~30万円程度
/1件/1年間
(総額300万円程度) 

 学部期限:
2012年
4月4日~
4月18日(水)

提出先  :
社会連携推進室
(担当:羽津本)

003

 2012年
 2月2日

JST  戦略的
国際科学技術
協力推進事業

日本-カナダ 
NSERC
研究交流事業
競争的資金

 本事業の研究領域
  1)再生可能エネルギー
   ・バイオエネルギー;バイオ燃料、バイオマ等 
     ・今後注目される再生可能エネルギー源
   2)エネルギー利用・ネットゼロ・エネルギー・ビル、
   ネットゼロ・エネルギー・タウンの実現
     ・移動用(motive)、定置用(stationary)
    動力源の パフォーマンス改善

 

日本側研究者の
3年間の総予算額は、
原則として、
1500万円を
超えないものとする。
  2012年
4月16日(月)
17:00
002

 2012年
2月23日

文科省

平成24年度
国家課題対応型
研究開発推進事業
「原子力基礎基盤
戦略研究イニシア

ティブ」及び
「原子力システム
研究開発事業」

競争的資金

1.【原子力基礎基盤戦略研究イニシアティブ】
  「テーマ1」原子力プラントの安全性向上に係る
  基礎基盤研究
  「テーマ2」放射線影響・低減に係る基礎基盤研究
  「テーマ3」原子力と社会の関わりに係る人文・
  社会科学的研究 

2.【原子力システム研究開発システム研究開発】
  ・革新的原子力システムと軽水炉等の既存原子力
   システムに共通する安全技術に関する研究発
  ・既存の革新的原子力システムの安全基盤技術
   に関する研究開発
 

1.採択予定件数
 12件

期間:原則3年以内, 
経費:年間5百万
  ~35百万円程度 


2.採択予定件数
10~15件

 平成24年
2月22日(水)
~4月13日(金)
15時
 001

 2012年
2月6日

ニッセイ財団  環境問題
研究助成
 研究助成

【1. 学際的総合研究】 
・持続可能な社会・自然共生社会・定炭素社会を
目指した新たな第1次産業の総合的な再生

・災害に強い地域づくり等、新たな地域づくり(地域再生)
・他分野協力型、実践型、提言型の協働して推進する
 研究 

【2.若手研究・奨励研究】
 45歳以下(例年37歳未満でしたが変更しました)
 若手研究者の基礎的・萌芽的研究や新しい分野への
 挑戦的研究

※これまでの採択課題 
http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp/
kankyo/04_jisseki.html

 【1】
1000~1500万円

 【2】
50~150万円

 2012年
4月9日(月)
 154

2012年
3月16日 

文科省  立川断層帯に
おける調査観測
競争的資金 

調査対象

ア.サロベツ断層帯(海域部分)
イ.布引山地東縁断層帯/東部(海域部分)
ウ.柳ヶ瀬・関ヶ原断層帯/北部(海域部分)

 

 2012年
3月2日(金)
~3月26日(月)
153

2012年
3月8日 

文科省  海洋資源利用
促進技術開発
プログラム
競争的資金 
海洋鉱物資源の探査
(データを取得、処理、解析)

1)レーザー誘起破壊分光法による
  深海底現場成分析技術

2)重力計と重力偏差計を併用する
  ハイブリッド式海中重力探査システム

3)接地型高周波音源を用いた高解像度
バーティカルサイス
 ミックケーブル方式反射法地震探査システム

4)自律探査プローブによる海底環境の
  三次元画像 マッピング技術
5)水銀同位体を用いた海底熱水鉱床の
  探査技術 
1課題あたり、
最大で6千万円
程度以下(2年間)
全体で5件程度

 

 2012年
2月27日
~3月16日
152

 2012年
2月24日

 JST 次世代
科学者育成
プログラム
競争的資金

【メニューA】
  大学等が、主に理数系分野に関して
意欲・能力を有する高等学校の生徒を対象に、
主体的な研究活動を中心とした体系的で高度な
プログラムにより、体験的・課題探究的学習の
機会を年間通じて提供する取組
 
【メニューB】
大学等が、主に中学校の生徒(小学校
5・6年生の児童を含めることも可能)を対象に、
連携機関(とりわけ教育委員会)の主体的な
参画を得て、理数分野に関して高い意欲・能力を
有する生徒等を発掘し、さらに伸ばしていく体系的
学習プログラムの開発に向けた試行的取組

1取組あたり
400万円を

上限に支援
(一般管理費
10%を含)

 

 メニューA 
3月23日(金)

メニューB
3月30日(金)
151

 2012年
 1月12日

農水省  農林水産技術
会議H24年度
委託プロジェクト
 競争的資金

 

 

2012年
2月21日(火)
150

2012年
2月21日 

国交省  平成24年度 
道路政策の質
向上に資する
技術研究開発
競争的資金 

 【領域1】新たな行政システムの創造
【領域2】道路ネットワークの形成と有効活用
【領域3】新たな情報サービスと利用者満足度向上
【領域4】コスト構造改革
【領域5】美しい景観と快適で質の高い道空間の創出
【領域6】交通事故対策
【領域7】防災・災害復旧対策
【領域8】道路資産の保全
【領域9】沿道環境、生活環境(過去採択実績無し)
【領域10】自然環境、地球環境(過去採択実績無し)

 【公募タイプ】
Ⅰ.政策実現型
Ⅱ.技術ブレイク型
Ⅲ.新政策領域創造型
FS.革新的研究調査

【研究規模】
Ⅰ~Ⅲ:100~5000万
まで (1~3年間)

F S :100~1000万 
     (1年間)

 2012年
2月24日(火)
149

 2012年
2月6日

JST  タイ水害関連
研究を対象とした
「国際緊急
共同研究・調査
支援プログラム
(J-RAPID)」
 競争的資金

 タイにおける水害に関連した緊急の研究・調査
・マーカーによる洪水到達水位調査          
・工業地域の構造物、設備などの浸水被害調査             
・バイオテクノロジー的アプローチ
(バイオレメディエーション)

 直接経費で
300万円を目安

 
2012年
2月29日(水)
17:00
148

2012年
2月14日 

文科省
 大学発
新産業創出拠点
プログラム
(事業プロモーター
支援型)
 

 事業プロモーター支援型<今回の公募対象>
大学・独立行政法人等の技術シーズに対して、
効率的・効果的に研究開発及び事業化支援を
実施しうる事業化ノウハウを持った機関を事業
プロモーターとして選定し、事業プロモーターが
行う技術シーズの発掘やハンズオン支援等の
活動を補助する。
同時に、事業プロモーターの有するネットワークや
ノウハウ等を活用して、3~5年程度での民間資金
誘引を目指す。

 

1事業プロモーター
ユニットあたりの
活動経費は、原則
年間 3500万円を
上限
 2012年
2月29日(水)
147

 2012年
 1月12日

JST  ライフサイエンス
データベース
統合推進事業
 

 ヒト、動物、植物、微生物などの生物別、
疾患、脳、進化、
発生、創薬、生命動態 など
 ゲノム、エピゲノム、プロテオーム、
グライコーム、
メタボローム 、インタラクトーム、 フェノームなどの

オーミクス単位での統合化の推進

 

 2012年
3月7日(水)
正午
146

2012年
2月22日

農水省  食料生産
地域再生の
ための先端
技術展開事業
 競争的資金

 ① 農業・農村型実証研究
土地利用型営農技術の実証研究,
大規模施設園芸技術の実証研究,
露地園芸技術の実証研究,
被災地における果実生産・流通技術の実証,
研究被災地における農産物加工技術の実証研究,
農村地域における未利用エネルギー利活用実証研究,
減災・防災システムの開発・実証研究
② 漁業・漁村型実証研究
天然資源への影響を軽減した持続的な
漁業・養殖業生産システムの実用化・実証研究,
地域資源を活用した省エネ・省コスト・
高付加価値型の水産業・水産加工業の実用化・
実証研究,自然エネルギーを利用した漁村の
スマートコミュニティ化技術実用化・実証研究

 記載無し

 2012年
3月9日(金)
15:00
141

 2012年
2月7日

文科省  平成24年度 
研究開発施設
共用等促進費
補助金
(創薬等ライフ
サイエンス
研究支援基盤事業)
 競争的資金

 「創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業」
    (1)解析拠点の解析領域
    (2)制御拠点のライブラリー・スクリーニング
    (3)情報拠点の情報領域

 ―

 2012年
2月17日 
12時必着
140 

 2012年
 1月12日

生研センター  
イノベーション
創出基礎的
研究推進事業
 競争的資金

1.農林水産物の生産力向上・食料安定供給
2.食の安全確保
3.地球温暖化への対応とバイオマスの利活用
4.農林水産業の6次産業化、国産農林水産物の
  消費拡大等に資する農林水産物・食品の
  高品質・高機能化
5.新分野創出のための生物機能利用技術開発
6.生物及び生態系の機能の解明及び高度利用
7.国際的な食料・環境・エネルギー問題への寄与        
8.東日本大震災からの復興に資する事業化促進
  のための技術開発等

 

 学内締切
(E-rad承認
手続き有り)

2012年
2月17日
16:00
138 

 2012年
1月12日

JST  
平成24年度 
日本-中国
(NSFC)
研究交流
課題募集
 競争的資金

 

「水質汚染対策技術」に関わる、水の富栄養化、
産業排水、生活排水、放射能汚染水の対策
技術等の具体的課題の提案

 

 2012年
2月8日
137 

 2012年
 1月12日

農水省  新たな
農林水産政策を
推進する実用
技術開発事業
 競争的資金

 

 

 
学内締切
(E-rad承認
手続き有り) 
2012年
2月17日(金)
11:00まで
135

 2012年
 1月12日

農水省  平成24年度
レギュラトリー
サイエンス
新技術開発事業
 競争的資金

 

 

2012年
2月10日(金)
134

 2011年
12月8日

京都大学
生態学研究
センター  

 共同研究a,b  共同研究

  水域に関する生態学的研究
・熱帯に関する生態学的研究
・陸域生物相互作用に関する生態学的研究
・理論生態学的研究
・分子解析手法を用いた生態学的研究
・生物多様性保全に関する生態学的研究
(研究組織に当センターの教員を加える)

 a→上限50万円
(旅費、消耗品費、
必要経費を補助)
b→0万円

2012年
1月31日  
 研究集会  研究集会費

 上限20万円
(生態学に関する
研究集会の開催に
ついて補助)

133

 2011年
12月8日

中部科学
技術センター
 グレーター・
ナゴヤ環境分野
 外国人研究者受け入れ  対象分野:環境技術に関する分野

優れた研究業績を有する外国人研究者
(原則として海外の学術研究機関の常勤研究者)で、
我が国と国交がある国の国籍を有する者。

 ただし、日本国籍を有する者でも、
外国におおむね10 年以上在住し、当該国の
学界で活躍している者を含む。


平成24 年9 月1 日〜平成25 年8 月31 日の
期間で来日できる者を対象とする

 助成総額の上限 
 500 万円

 2011年
12月28日
17:00まで
132 

 2011年
12月8日

ソルト
サイエンス
研究財団
 一般公募研究
(期間:1年間)
研究助成    理工学、農学・生物学、医学及び食品科学の
4分野で塩に関する研究を募集します。

金 額:100~200万円 
採択数:50~60件

2011年
12月20日  
プロジェクト研究
(期間:3年間)
 理工学、農学・生物学、医学及び食品科学の
各分野で、年度ごとに分野と
プロジェクト研究課題を定め募集します。

プロジェクト研究一覧表
131

 

 2011年
10月5日

 水産無脊椎
動物研究所
 個別研究助成  研究助成  水産(水棲)無脊椎動物(昆虫類を除く)の
形態・発生・生理・分類・系統・
生態・行動などに関する フィールドでの
生物学的な調査研究課題

1課題あたり70万円

2012年 4月 1日~
2013年 3月31日

2011年
12月31日
 育成研究助成 
(若手)
上記フィールドでの生物学的な調査研究を行っている
若手(大学院過程在籍中または終了後3年以内)
研究者1~2名

 2年間継続して、
1年目に100万円
、2年目に100万円

2012年 4月 1日~
2014年 3月31日

 2011年
12月31日
130

 2011年
12月8日

 

 岡三加藤
文化振興財団
 研究助成   研究助成

 三重県における科学技術に
関する研究に対する助成

 600万円

  2011年
12月31日
申請書は
紙媒体です。
申請の際は、
申請書を取り
寄せますので、
社会連携推進
室までご連絡
下さい。
 普及啓発助成  三重県における科学知識の
普及啓発に対する助成

 100万円

129

 2011年
12月8日

 
財団法人
サッポロ
生物科学
振興財団
 調査研究  研究助成 募集要項から抜粋
『食の安定(量的、質的)供給』に関する調査・研究 
-1 微生物 -2 植物・農業

微生物あるいは植物・農業分野において、
安定生産を可能にする自然環境および
生産環境の維持・整備、新たな食素材
および生産・加工技術の
開発等に関する調査・研究
『食の安全・安心』に関する調査・研究
食品原料の生産、加工、販売、消費者による
調理、保存、飲食に至る過程において、
食の安全性を脅かすリスク要因の
解明とその排除に関する調査・研究
『食の利用性向上』に関する調査・研究
食品素材の栽培・生産から消費者による
飲食に至る過程において、栽培・生産し易い、
加工し易い、調理し易い等の作業の容易性と
その効率、飲食のし易さおよび食品素材の
新しい利用性の開発等
食の利用性向上に関する調査・研究

 1件 70万円
6件採用

助成期間1年

2012年
1月31日(火)
128

 

 2011年
12月8日

 中央味噌
研究所
  平成24年
委託研究・
研究助成
募集要項
 製造技術部門  (1)製造技術部門
1)委託研究
テーマ:「製品味噌中の新たな発酵抑制方法に
関する研究」
2)研究助成
① 味噌製造技術に関する研究
② 味噌関連微生物に関する研究

 委託研究は1 件
200 万円以内、
研究助成は1 件
100 万円以内

2011年
1月10 日(必着)
 機能性その他部門 1) 委託研究
テーマ:① 「味噌摂取と健康関連広域疫学調査」
② 「味噌摂取が血圧上昇に繋がらない機構
解明に関する研究」
③ 「味噌中で食中毒起因菌(病原大腸菌
を含む)が死滅してゆく実証」

2)研究助成
① 味噌の機能性に関する研究
② その他味噌の調理機能及び特性に関する研究

 委託研究①②は
1件200 万円以内、

③は100 万円以内、
研究助成は1 件
100 万円以内

2011年
1月10 日(必着)
127

 2011年
12月8日

 化学物質
評価研究機構
 
CERI公募型
研究助成
(40歳以下
 研究助成 1.ゴム、プラスチック等の高分子材料の評価に
関する研究
2.環境分析、モニタリング技術に関する研究
3.標準物質の開発、評価技術に関する研究
4.化学物質の有害性評価、暴露評価及び
リスク評価に関する研究
5. その他、化学物質の評価、管理に関する研究 
 
採択された課題

 1件につき100万円
以内とし、
2件以内を予定

来年6月頃~
翌年3月31日まで

2011年
1月31日(火)
 126  
2011年
10月5日
 シオノギ創薬  イノベーション
コンペ
 コンペ  研究領域はこちら

  

1件あたり500万円~
1000万円/年で
採択時に決定。

 

 2011年
10月31日(月)
17:00
 125  2011年
8月10日
飯島記念
食品科学
振興財団
 学術研究助成
一般公募助成
 研究助成  ①米麦その他の主要食糧の生産、処理、
加工に関する礎的研究(栽培・育種などは対象外)

②米麦その他の主要食糧等を原料とする
食品加工技術の開発に関する研究

③米麦その他の主要食糧及び加工食品の
品質保持並びに安全性に関する研究

 個人研究:
1件100~200万円
(40件内外)


共同研究:
1件200~500万円
(8件内外)

【学内締切】
研究科長推薦
件数に
限りがあります。
10月7日までに
社会連携推進室
へ申請書を
ご提出下さい。


【一般締切】
2011年
10月20日(必着)
 124  2011年
9月1日
 長崎大学
水産学部
 平成24年
附属練習船
にて実践する
乗船実習の公募
 共同利用  練習船共同利用申請書(様式1)  -  2011年
10月12日(水)
 123  2011年
9月1日
日本科学協会
笹川科学研究助成  一般科学研究  35歳以下 大学院生任期付き雇用研究者
人文・社会科学・自然科学 優れているが
他から助成の得難い研究の奨励
1件 100万円 2011年
10月14日    
 海洋・船舶科学研究  35歳以下 大学院生任期付き雇用研究者
「海洋学及び海洋関連科学」ならびに
「船舶及び船舶関連科学」の研究で、
その成果が海洋・船舶関係に直結する研究
 1件 100万円
 実践研究   教育・学習・自立支援等を行う様々な
組織・団体に所属する者の現場で抱える
諸問題解決のために行う研究
 1件 50万円
 122  2011年
9月1日
 食生活研究会  助成  研究助成  食素材、生産、加工、流通、栄養、嗜好、
予防医学、市場動向等食生活に関する研究
 1件 100万円  2011年
10月末
 121  2011年
8月10日
 園芸振興
松島財団
 平成23年度 
第38回研究助成
 研究助成  果物〈花きを除く〉の生産、流通および消費に
関する研究活動で、
平成25年9月末日までに研究成果が
期待されるものとする。
その成果が生産、流通および消費の現場において
、近い将来、利用され得るものが望ましい。
 総額200万円
1件80万円を上限
 2011年
10月末日
 120  2011年
9月1日
 鹿児島大学  平成24年度
かごしま丸の
共同利用公募
 共同利用

 鹿大練習船共同利用申請書

 -  2011年
10月28日
 119  
2011年
10月5日
 野田産業
科学研究所
 2012年度募集  研究助成

 「主として発酵化学を基盤とする産業に寄与する
ことを目的とする応用生命科学研究」とします。
ここでいう「発酵化学を基盤とする産業」とは、
主として応用微生物学(ここでいう「微生物」には
動植物の培養細胞を含む)の領域を基盤とする
食品、医薬品、工業製品等の生産ならびに環境浄化等
の分野を指します。

 (1)「研究助成」
 1件200万円
 (2)「奨励研究助成」
1件100万円
2011年
10月31日
 118  2011年
9月1日
 野口研究所  平成23年度
野口遵研究
助成金
 研究助成

 39歳以下(昭和46年11月1日以降生まれ)の若手
1;生物機能を活用した新材料やデバイスに
  関する研究

2;創エネルギー、蓄エネルギーに関する
  新材料やデバイスの研究

3;省エネルギーに関する新材料やデバイスの研究
4;高効率分離に関する新材料やプロセスの研究
5;バイオ生産プロセスに関する研究
6;高効率反応触媒に関する研究

 1件 220万円
(採択10~15件)
 2011年
10月31日
 117  2011年
9月1日
 国土技術
研究センター
 平成23年度
JICE研究開発
助成公募
 研究助成 【応用研究】 
①安全に安心して暮らせる国土の実現に
寄与するもの。
(東日本大震災に鑑み、地震や津波に関する
伝承、防災、減災、予知に関する研究を含む)
②人・もの・情報が効率的に通いあえる国土の
実現に寄与するもの。
③心豊かに暮らせる快適で美しい国土の
実現に寄与するもの。
【重点研究課題】
④水災害リスク分析に関する研究
⑤河川堤防の信頼性評価に関する研究
⑥道路空間の有効活用並びに道路ネットワークの
最適化に向けた政策立案に寄与する研究
⑦都市の安全性の評価に関する研究 
⑧品質と価格のバランスが取れた調達政策に
関する研究 
⑨建設分野の国際化に対応した建設
マネジメントに関する研究
⑩民間資金を活用した公共調達政策に関する研究
 1件 200万円  2011年
10月31日(月)
 116

 

 2011年
8月19日

 

 

 発酵研究所    大型  研究助成 微生物(細菌、アーキア、菌類、微細藻類)に
関する研究を行っている個人 
【以下研究課題】
1:微生物の分類、生態、進化に関する研究
2:発酵、応用微生物に関する研究
3:健康、環境に関与する微生物の研究
 1,000 万円
(採択4 件)
 2011年
8月31日(水)

 一般

 研究助成  300 万円
採択はそれぞれの
研究課題で10 件
 2011年
8月31日(水)
 若手  研究助成  1.平成24年4月1日現在、博士研究員として
日本の研究機関で微生物(細菌、アーキア、
菌類、微細藻類)に関する研究を行う日本人
2.平成24年4月1日現在、満40 歳以下の者
 年間500 万円
平成24年4月1日~
(3 年間)
※途中で博士研究員の
資格喪失の場合
または途中で外国の
機関に移動する場合は、
次年度の
助成金は支給しない。
 2011年
10月28日(金)
 115

 
2011年
10月5日

 日本愛玩
動物協会
 平成24年度
家庭動物の
適正飼養管理に
関する調査研究助成
 研究助成  <調査研究分野>
(1)動物の健康と安全、習性、生理生態
(2)マナー、しつけ(3)公衆衛生(迷惑防止を含む)
(4)所有者明示(5)繁殖、繁殖制限
(6)動物観、歴史(7)法令(8)その他
 総額約400万円
 (1) 1件100万円
(2) 1件30~50

万円
 2011年
11月15日(火)

申請書必着 
 114

 
2011年
10月5日

 園芸振興
松島財団
 第38回
研究助成候補者
 研究助成  1) 青果物〈花きを除く〉の生産、流通および
消費に関する研究活動で、平成25年9月末日
までに研究成果が期待されるものとする。
その成果が生産、流通および消費の現場において
近い将来、利用され得るものが望ましい。
過去の研究助成対象一覧

 総額 200万円

1件 80万円を上限

2011年
10月末まで 
 113

 
2011年
10月5日

 アサヒビール
学術振興財団

 2011年度
学術研究
助成募集
 研究助成 ~食にかかわる生活科学・生活文化及び
生活環境に関する研究活動を支援~
 主として食にかかわる「生活科学」「生活文化」
及び、「地球環境科学」
「サスティナブル社会・経済学」に関する研究を
計画し、完成後に優れた効果が
期待できるもの。
 1件当たり50万
~100万円
 2011年
11月4日(金)
 112

 
2011年
10月5日

 

 第一住宅
建設協会 
 平成23年度
研究助成
募集要項
 一般研究  わが国の住宅、都市、土地に関し、経済、
社会、法律、歴史、制度、計画および
これらの複合的視点から、住生活の改善向上を
はかるための研究を助成の対象とします。
 総額1,000万円以内
一般研究 150万円
 2011年
11月15日
 奨励研究  上記に同じ。ただし、
申請時に40歳未満の若手研究者対象
奨励研究 80万円以内
 111

 
2011年
10月5日

 鹿島学術
振興財団
 2011年度
研究助成募集
 研究助成 (1)都市・居住環境の整備 
都市ならびに居住環境の向上
災害・公害の防止
交通・輸送能力の向上

(2)国土・資源の有効利用 
国土の有効利用と保全
海洋の利用と保全
水資源の確保と有効利用 
エネルギーおよび資源の有効利用,輸送,貯蔵
廃棄物の処理と再資源化

(3)文化的遺産・自然環境の保全 
文化的遺産の保全 自然環境の保全

 総額 4,300万円
(1ヶ年間)

1件 300万円以内
 2011年
11月20日(日)
 110

 2011年
8月19日

 長瀬科学
技術振興
財団
 平成24年度
研究助成
 研究助成

 (1) 生化学(B)
① 微生物の基礎及び応用研究
② 酵素の基礎及び応用研究
③ 細胞応答の基礎及び応用研究
④ グリーンバイオテクノロジーと
ホワイトバイオテクノロジーに関する基礎及び
応用研究
(2) 有機化学(O)
⑤ 有機合成の基礎及び応用研究
⑥ 有機機能材料の基礎及び応用研究
⑦ 生体関連機能物質の基礎及び応用研究
⑧ グリーンケミストリーに関する基礎及び応用研究
(3) 生化学と有機化学両方にまたがる
  分野(BO)としてもご応募いただけます。

 1件 250万円
 最大18件

(間接経費、
一般管理費
(オーバーヘッド)は、
助成の対象外
 2011年
11月30日
(消印有効)
 109

 
2011年
10月5日

 

池谷科学
技術振興
財団
 
 
  平成24年度
 助成金募集
 研究助成 先端材料及びこれに関連する科学技術分野
において研究活動を行う研究者又は研究機関
 
 研究助成
1件 150万円程度

 2011年
11月30日 
 108  国際交流助成

先端材料及びこれに関連する科学技術分野

において
研究活動を行う研究者の海外派遣又は招聘


国際交流助成

1件 最大50万円

 107

 
2011年
10月5日

 

東海産業
技術振興
財団 
 
 第24回
助成研究募集
 
研究育成型  工学を基礎としたグリーンイノベーション
(環境・資源・エネルギー・食料生産革新等)、
ライフイノベーション(医療福祉・介護・健康・
情報通信技術活用等)を推進する挑戦的研究や
比較的初期段階の研究(原則として1年)
 1件 最大100万円  

2011年
11月30日 

 一般発展型  一定の成果が見込める研究計画で、
産学官(産学・産官・官学も含む)共同研究とし、
その分野は、次の6分野 (原則として2年以内)

1.環境関連分野
2.医療福祉技術関連分野
3.材料関連分野
4.電子・情報関連分野
5.生産技術関連分野
6.バイオテクノロジー関連分野

 106

 
2011年
10月5日

 かき研究所 平成24年度
研究助成
募集要項
 
 研究助成  35歳以下の大学院生もしくはポスドク
かきに関する研究の促進と持続的展開を
図ることを目的としています。
 1件 30万円
(採択3件)
 2011年
11月30日(水)
 105  
2011年
10月5日
 新技術
開発財団
植物研究助成  研究助成

 (1)[一般課題研究]
(2)[特定課題研究]
東日本大震災復興に向けての植物多様性に
関する研究及びそれに
関連する省資源・環境保全に関する研究。
(ア)持続可能なみどりの回復・再生
(イ)植物生態系の改善・回復・保全
(ウ)植物を利用した省エネ・省資源対策

一般課題
: 150万円

特定課題
:200万円

 2011年
11月30日
3月中旬に決定
 103  2011年
9月1日
 徳山科学
技術振興
財団
 平成24年度
研究助成公募
 研究助成  45歳未満
無機材料、有機材料。高分子材料、
その他の分野で新規材料開発の
基礎ならびに応用を指向する独創的な研究
1件 200万円
(採択15件)
 2011年
9月30日(正午)
 102  2011年
9月1日
 東京大学
大気海洋
研究所
 平成24年度
学術研究船
白鳳丸共同利用公募
 共同利用  学術研究先白鳳 107丸共同利用研究申込書  -  2011年
9月20日(火)
 101  2011年
9月1日
 徳山科学
技術振興
財団
 平成24年度
国際シンポジウム
助成公募
 助成  シンポジウム組織委員長の運営責任者
国内で開催される国際シンポジウムに対し、
開催費用の一部を援助します。

 総額150万円
(採択10件)

 2011年
9月30日(正午)
 100  2011年
9月1日
 コニカミ
ノルタ科学
技術振興
財団
 画像科学奨励賞  賞

 40歳以下
1.光と画像に関する材料及びデバイスの研究
2.光と画像に関するシステム及びソフトウェア
研究3.光と画像に関するその他の先端的な研究

 奨励賞:100万円

進歩賞:50万円

(それぞれ4件ずつ)

 2011年
9月30日
 99  2011年
9月12日
 海洋博覧会
記念公園管理
財団
 調査研究・
技術開発
助成事業 
平成23年度
 研究助成  1. 亜熱帯性動物に関する調査研究
サンゴ/ウミガメ/希少亜熱帯水生生物の保全に
関する調査研究・技術開発

 2. 亜熱帯性植物に関する調査研究
屋上緑化、壁面緑化等の環境緑化/都市緑化の
推進・景観の向上
/熱帯果樹・花卉・草花・地被植物等の利用開発/
植栽土壌や植栽基盤の
保全や造成に関する調査研究・技術開発

3. 公園の管理運営に関する調査研究
地域との連携・協働による公園の利活用/
公園を活用した地域景観・歴史的風致の維持、
環境保全に関する調査研究・技術開発
 観光産業や環境教育に資する公園の利活用

 
調査研究
1件 100万円以内
技術開発
1件 200万円以内

 

研究期間
1年(平成24年12月迄)

 2011年
9月30日(金)
 98 :::::::::::::

 2011年
8月10日
 
 日本
環境財団
 平成23年度
(財)日本環境
財団研究助成
金募集
 研究助成  ①発酵食品に関わる研究
②有機農業に関わる研究
③森林に関わる研究
④省エネルギーに関わる研究
 下限50万円~
上限100万円
 2011年
8月31日(水)
 97

 

2011年
8月19日

 光科学
技術研究
振興財団
 平成23年度
研究助成
 研究助成

新規の研究のほか、すでに手がけている研究
に対しても認めます。

【第1課題】光科学の未知領域の研究
―とくに光の本質について 
      
【第2課題】細胞間あるいは分子間の
情報伝達についての研究 
 
   
 助成の対象となる
研究の実施期間は
原則として2年以内
 2011年
8月31日(水)
 96

2011年
8月19日

 

 加藤記念
バイオサイ
エンス振興
財団
 
 メディカル
サイエンス分野
  ・若手(40歳以下:9 月30 日現在)

・ 女性研究者を優先
・ 地域性を考慮
 【基礎的研究(以下は例示)】
・ 哺乳動物の個体、組織、細胞等を用いた
生理・薬理・病理現象等を解析する研究
 1件 200 万円
(採択15件)

※助成期間
平成24 年4 月
~平成26 年3 月 

【学内締切】
研究科長推薦
件数に
限りがあります。
2011年
9月9日までに
社会連携推進室
へ申請書をご提
出下さい。

2011 年
9 月30 日(金)
(当日消印可)
 

 バイオ
テクノロジー分野
 【生物材料や生物機能を利用し開発・
応用等を念頭に行う研究(以下は例示)】
・ 微生物、植物、動物等の機能を解析・
利用して物質生産に繋げようとする研究
・ 生理活性物質・有用物質(医薬品候補含む)
の探索、構造解析等に関する研究
・ 食糧・環境・エネルギー等に関わる生物材料
や生物機能等を利用した基礎的研究
1件 200 万円
(採択10件)

※助成期間
平成24 年4 月
~平成26 年3 月 
94  

 

2011年
8月19日

 

 JST   A-STEP
第2期公募 
 競争的資金   探索タイプ
合否:11月
助成期間:2011年12月~2012年7月
 170万円
(間接経費含む)
800課題程度
 9月15日正午

 シーズ顕在化タイプ
→企業責任者が研究開発代表者となり申請
(企業e-rad登録には2週間程度かかります)

起業検証タイプ
→共同申請 大学側は特許が必要となります

合否:1月
助成期間:2012年2月(もしくは4月)~1年間

 800万円
(間接経費含む)
合わせて100課題程度
 9月20日正午
 93

2011年
8月10日

 

(財)クリーン・
ジャパン
・センター
 リサイクル技術
開発本多賞
 賞  報文は5年以内に国内で発表されている
学術誌、技術誌等に発表されたものとします。

(1) リサイクルを必要とする資源の枯渇状況の
  調査、解析

(2) 廃棄物の発生抑制(リデュース)に関する
  技術開発

(3) リユース、リサイクルを促進する技術の
  研究開発

 (4) 前項(2),(3)に関連する技術及びシステムの
  実用化開発

(5) その他、3Rの普及・進展に貢献する効果的な
  技術開発
 -  2011年
9月30日(金)
91    2011年
8月10日
 ノバル
ティス
科学振興財団
 第25回
ノバルティス
研究奨励金
応募
研究集会助成(国内) 生物・生命科学およびそれに関連する化学の
領域において、
2012年4月~2013年3月に、我が国で開催される
国際色豊かな研究集会を助成
1件40万円 
(6件程度)
2011年
9月30日 

(当日必着)
 研究助成  生物・生命科学およびそれに関連する化学の
領域における創造的な
研究を助成(2012年4月~2013年3月)

※東日本大震災で被災した研究機関の研究者に、
15件程度を優先して助成します。
 1件100万円 
(総計40件程度)

 【学部締切】
研究科長推薦
件数に限りが
あります。

2011年9月1日
までに社会連携
推進室へ申請書
をご提出下さい。


【一般締切】
 2011年
9月15日(当日
必着)