学科top>生物圏生命科学科・専攻について

生物圏生命科学科・専攻について

 

 地球上に原始生命が誕生してから38億年が過ぎ,現在私たちが目にする多様な生物に進化しました。

 生物圏生命科学学科・専攻では,山の頂から海の底まで,地球上に生息する様々な生物について,分子・遺伝子から個体・集団までの全領域を対象として,基礎から応用に至る農学,農芸化学,水産学,畜産学などの幅広い分野で教育・研究を行っています。

 

 この広範な分野を網羅するために,生物圏生命科学科には,生命機能科学,海洋生物科学,陸圏生物生産学,水圏生物生産学の4つの講座を設けています。入学後は,2年次からいずれかの講座に配属されて,専門教育を受けます。3年次には各講座内の研究室に配属されて,卒業研究を行います。卒業すると,修習技術者の資格を取得することができます。

 

 大学院生物圏生命科学専攻の博士前期課程には,学科と同じ4つの講座を設けています。

 博士後期課程には分子機能生命科学,生物資源応用科学の2つの講座があります。

 

学科トップに戻る