食品発酵学教育研究分野

微生物をつかった様々な研究を展開しています。
微生物発酵、酵母の代謝メカニズム、酵素を研究しています。

研究室の論文が、FEBS Lett のハイライト論文としてHPで紹介されました。。


 担当教員
教授:苅田修一 karita@bio.mie-u.ac.jp
准教授:梅川碧里 midoriumekawa@bio.mie-u.ac.jp


 学生数
博士課程1名、修士課程2名、学部生12名(3年生が加わりました)
大学院生募集中ー希望者は担当教員にメールをお願いします。


 最近の発表論文

・Ichikawa, S., Y. Tsuge, S. Karita. 2021. Metabolome analysis of consitituents in membrane vesicles for Clostridium thermocellum growth stimulataion. Microorganisms, 9:593.
・Umekawa, M., K. Hamada, N.Isono, S. Karita. 2020. The Emi2 protein of Saccharomyces cerevisiae is a hexokinase expressed under glucose limitation. J. Appl. Glycosci. 67:103-109.
・Umekawa, M., D. Shiraishi, M. Fuwa, K. Sawaguchi, Y. Mashima, T. Katayama, S. Karita. 2019. Mitotic cyclin Clb4 is required for the intracellular adaption to glucose starvation in Saccharomyces cerevisiae. FEBS Lett., 593:1329-1338.[PubMed ID: 31853970]
・Ichikawa, S., S. Ogawa, A. Nishida, Y. Kobayashi, T. Kurosawa, S. Karita. 2019. Cellulosomes localize on the surface of memebrane vesicles from the cellulolytic bacterium Clostridium thermocellum. FEMS Microbiol Lett., 366: fnz145. [PubMed ID: 31260052]
・Ichikawa,S., M. Ichihara, T. Ito, K. Isozaki, A. Kosugi, S. Karita. 2019. Glucose production from cellulose through biological simultaneous enzyme production and saccharification using recombinant bacteria expressing the β-glucosidase gene. J. Biosci. Bioeng., 127: 340-344. [PubMed ID: 30237013]
・Higashiyama, T., M. Umekawa, M. Nagao, T. Katoh, H. Ashida, K. Yamamoto. 2018. Chemo-enzymaic synthesis of the glucagon containing N-linked oligosaccharide and its characterization. Carbohydr. Res. 455: 92-96. [PubMed ID: 29175660]
・Chaudary, A., S. Karita 2017. Screening of yeast isolates from flowers for effective ethanol production. Turk. J. Biol. 41: 890-900.[PubMed ID: 30814854]
・Umekawa, M., M. Ujihara, D. Nakai, H. Takematsu, M. Wakayama. 2017. Ecm33 is a novel factor involved in efficient glucose uptake for nutrition-responsive TORC1 signaling in yeast. FEBS Lett. 591: 3721-3729 [PubMed ID: 29029364].
・Ichikawa, S., A. Nishida, S. Yasui, S. Karita 2017. Characterization of lignocellulose particles during lignocellulose solubilization by Clostridium thermocellum. Biosci. Biotechnol. Biochem. 81: 2028-2033.[PubMed ID: 28831850]
・Umekawa, M., M. Ujihara, K. Makishima, S. Yamamoto, H. Takematsu, M. Wakayama. 2016. The signaling pathways underlying starvation-induced upregulation of α-mannosidase Ams1 in Saccharomyces cerevisiae. Biochim. Biophys. Acta 1860: 1192-1201. [PubMed ID: 26947009]
・鈴木成宗、坂宮章世、金澤春香、栗田修、矢野竹男、苅田修一.2016. 樹液から単離した香気生産野生酵母のビール香気特性および実用性の評価.日本食品工学会誌 17: 59-69.
・Kondo, M., K. Shimizu, T. Mishima, H. Matsui, S. Karita, M. Goto, T. Fujiwara. 2016. Changes in nutrient composition and in vitro ruminal fermentation of total mixed ration silage stored at different temperatures and periods. J. Sci. Food Agric. 96 (4): 1175-1180.[PubMed ID: 25847817]
・Ichikawa, S., M. Yoshida, S. Karita, M. Kondo, M. Goto. 2016. Carbohydrate-binding modules influence substrate specificity of an endoglucanase from Clostridium thermocellum. Biosci. Biotechnol. Biochem. 80 (1): 188-192.[PubMed ID: 26223555]


 最近の卒業研究題目

・好熱嫌気性細菌Clostridium thermocellumを用いた古紙からのグルコース生産
・出芽酵母における新規ヘキソキナーゼの解析
Paenibacillus xylaniclasticus TW1由来キシラナーゼの特性解析
・出芽酵母のヘキソキナーゼ様タンパク質Emi2が生存維持に及ぼす影響
Paenibaillus xylaniclasticusTW1由来セルラーゼの特性

・出芽酵母におけるマンノースの代謝に関する研究
Paenibacillus xylanichasticus 由来酵素の特性
・出芽酵母の糖質危害応答に関わる新規因子の細胞内機能の解析
Rahnella sp. M107のアセトインレダクターゼ酵素遺伝子

・出芽酵母の糖質飢餓応答に関わる新規因子の同定
・好熱嫌気性細菌によるグルコース生産
Rahnella sp. M107の代謝特性


 最近の発表等

・伊藤太一、中野咲梨、白崎里菜、梅川碧里、苅田修一.Paenibacillus 属由来の新規GH43β-キシロシダーゼの特性.日本農芸化学会2021年度大会 仙台
・濱田海斗、磯野直人、苅田修一、梅川碧里.ユニークな基質特異性を持つ出芽酵母の新規ヘキソキナーゼ.日本農芸化学会2021年度大会 仙台
・安田愛梨、三宅英雄、勝崎裕隆、梅川碧里、磯野直人.GH30、β-1,6-グルコシダーゼのグライコシンターゼ化.日本農芸化学会2021年度大会 仙台
・奥尉平、伊藤太一、苅田修一.日本産ヒゲナガキバガ科の分類学的検討及び腐植質分解機構の探索.第二回オンライン基礎昆虫会議.
・梅川碧里、濱田海斗、磯野直人、苅田修一.グルコース欠乏に応じて発現する出芽酵母のヘキソキナーゼEmi2.日本応用糖質科学会2020年度大会.長野
・ 不破茉綸、白石大貴、澤口和奈、苅田修一、梅川碧里.パン酵母の糖質飢餓ストレス応答に関わる新規因子の細胞内機能.応用糖質科学会中部支部講演会、三重大学
・伊藤太一、梅川碧里、苅田修一.糖質結合モジュールファミリー36の基質結合特性の解析.日本農芸化学会 関西・中部支部2019年度合同神戸大会 神戸大学
・伊藤太一、苅田修一Paenibacillus xylaniclasticus TW-1株由来CBM36の結合特性の解析.第33回セルラーゼ研究会、佐久平、長野
・白石大貴、澤口和奈、不破茉綸、真島要輔、片山高嶺、苅田修一、梅川碧里.出芽酵母の糖質飢餓応答に関わる新規因子の同定と機能解析.日本応用糖質科学会2019 年度大会、岐阜市
・澤口和奈、苅田修一、梅川碧里.出芽酵母の細胞内α-マンノシダーゼ酵素を利用した糖質応答に関わる新規因子の同定.応用糖質科学会中部支部石川講演会 金沢市
・Llantada, P. L. T., S. Karita. Detection of major fibrolytic and non-fibrolytic bacteria across the gastrointestinal tract (GIT) of dairy buffaloes (Bubalus bubalis) by PCR. 平成30年度東海畜産学会大会 名古屋
・市川俊輔、小川覚、西田郁美、黒澤俊人、苅田修一Clostridium thermocellumのメンブランベシクル形成とセルロソームの局在.第32回セルラーゼ研究会、佐久平、長野
・伊藤敏之、市川俊輔、市原舞子、磯崎一歩、苅田修一.BGL発現細菌とClostridium thermocellumを用いたグルコース生産.第32回セルラーゼ研究会、佐久平、長野
苅田修一、市原舞子、市川俊輔、小杉昭彦.β-グルコシダーゼ発現大腸菌体添加による嫌気性細菌のセルロース糖化.日本農芸化学会2018年度大会 名古屋
・Llantada, P., I. C. D. Rosa, A. D. Barrio, T. Fujihara, S. Karita. Buffalo gastrointestinal microbiome. The 11th Joint Symoposium of Korea-Japan-China on Rumen Metabolism and Physiology, Tokoname, Aichi.


 最近の進路

寿がきや食品(株)、丸善製薬(株)、ヤマモリ(株)、太陽化学(株)、井村屋(株)、キューピー、コーンズテクノロジー(株)、アピ(株)、敷島製パン(株)、東邦液化ガス(株)、万協製薬(株)、LIXIL(株)、(財)カケンテストセンター
大学院進学(三重大学、京都大学、名古屋大学)
国家公務員総合職、東京都技術職衛生監視、三重県高校教員


Last Update, 22th Sept. 2021.