教員プロフィール

 

梅川 碧里(うめかわ みどり)

三重大学大学院 生物資源学研究科 生物圏生命科学専攻

生命機能化学講座 食品発酵学教育研究分野 准教授

 

連絡先・住所

E-mail: midoriumekawa(a)bio.mie-u.ac.jp …(a)は@に変えてください。

TEL: (059) 231-9559 (直通)

514-8507 三重県津市栗真町屋町1577

生物資源学部棟7階 750号室

 

 20183月に三重大学に赴任しました。

 パン造りやお酒造りに用いられる食品微生物であるSaccharomyces cerevisiae (パン酵母, Baker yeastともよばれます)を使って、栄養応答と糖質代謝・発酵調節のしくみを明らかにするための研究を行っています。

 

主な研究テーマ

・酵母の糖質代謝・発酵の制御調節に関する研究
・酵母の糖質代謝酵素に関する研究

・酵母のオートファジーに関する研究

 

キーワード

 酵母、酵素、糖鎖、糖質代謝、栄養応答、オートファジー

 

専門分野 

 糖質科学、酵素科学、酵母遺伝学

 

酵母は直径わずか0.005 mmほどの単細胞からなるとても小さな真核生物ですが、さまざまな環境変化に応答して、環境に適応する精巧な仕組みを持っています。その基本的な仕組みの多くは私たち高等動物と共通しており、また、酵母は遺伝子操作も容易であることから、真核生物の生命現象を解明するためのモデル生物としてとても有用です。シンプルな酵母のシステムを使って、細胞内でおこっている生命現象を一つ一つ明らかにしていくことは、ヒトの病気の解明にも結びつく根本的で大きな発見をするためにはとても大切です。

 

研究室見学や面談をご希望の方は、梅川 ( E-mail: midoriumekawa(a)bio.mie-u.ac.jp (a)は@に変えてください。 ) までご連絡ください。
大学院生も募集しています。

 

 

所属学会

日本農芸化学会、日本応用糖質科学会、酵母遺伝学フォーラム、酵母研究会、日本生化学会

 

経歴

20103月  博士(生命科学)取得 [京都大学大学院生命科学研究科]

20104   日本学術振興会 特別研究員(PD)

20104月  University of Michigan, LifeSciences Institute, Research fellow

20124月  立命館大学 生命科学部 助教

20174月  日本学術振興会 特別研究員(RPD)

20183月  三重大学大学院 生物資源学研究科 助教
2021
年3月  三重大学大学院 生物資源学研究科 准教授

現在に至る

 

受賞歴

20092月    日本農芸化学会 関西支部例会若手優秀発表賞

20103月    日本農芸化学会 トピックス賞

20183月    日本農芸化学会 若手女性研究者賞

201811月   酵母細胞研究会 地神芳文記念

 

 

研究室での活動の紹介

 

実験手技について

微生物の培養や遺伝子操作・酵素を扱う生化学実験全般を行います。

酵母の顕微鏡観察のほか、糖質や代謝産物をクロマトグラフィーを使って分析することもあります。細胞・遺伝子・タンパク質レベルでの実験がなんでもできてしまうところが酵母の魅力でもあります。

 

研究室の体制

同研究分野の苅田修一先生と共同で食品発酵学研究室を運営しています。

研究テーマは苅田先生と梅川がそれぞれ指導を担当する学生に提案していますが、論文紹介・研究発表を行うゼミやイベントは研究室合同で行っています 。また、実験室は食品化学研究室(磯野直人先生が運営)と共有しており、研究活動だけでなく飲み会なども含めて日常的に交流・連携しながら活動しています。

(教員3人+その学生=賑やかです!)

 

 

学会発表など

学部生の学生さんも積極的に登壇発表してくれています。

2018年度は4年生の学生1名が応用糖質科学会支部例会にて1回、2019年度は4年生の学生2名が応用糖質科学会大会、同学会支部例会にて1回ずつ発表してくれました。

 

【学会発表】(三重大学赴任以降のみ記載)
[1]
濱田海斗ら 日本農芸化学会, 20213, オンライン

[2]梅川碧里ら 日本応用糖質科学会大会, 20209, オンライン

[3]不破茉綸ら 応用糖質科学会中部支部講演会、201912月、津

[4]梅川碧里ら 酵母遺伝学フォーラム、20199月、清水

[5]白石大貴ら 日本応用糖質科学会大会、20199月、岐阜

[6]澤口和奈ら 応用糖質科学会中部支部講演会、201812月、金沢

 

【依頼講演】(三重大学赴任以降のみ記載)

[1]梅川碧里 第195回 酵母細胞研究会例会 201811月、横浜

[2]梅川碧里 日本農芸化学会関西支部例会第503回講演会 20185月、京都

[3]梅川碧里 日本農芸化学会2018年度大会 20183月、名古屋

ほか4件

 

 

論文・著書など

【原著論文】(抜粋)
Umekawa M*, Hamada K, Isono NKarita S. “The Emi2 protein of Saccharomyces cerevisiae is a hexokinase expressed under glucose limitation. ” J. Appl. Glycosci., 67, 103–109 (2020) 学部生の濱田君が行った酵母の新規糖質代謝酵素の生化学的解析に関する研究が論文に掲載されました!

 

Umekawa M*, Hamada K, Isono NKarita S. “The Emi2 protein of Saccharomyces cerevisiae is a hexokinase expressed under glucose limitation. ” J. Appl. Glycosci., 67, 103–109 (2020)◆学部生の不破さん、白石君、澤口さんが行った酵母の糖質応答に関する研究が論文に掲載され、Highlight articleに選ばれました!

 

Higashiyama T, Umekawa M, Nagao M, Katoh T, Ashida H, Yamamoto K* Chemo-enzymatic synthesis of the glucagon containing N-linked oligosaccharide and its characterization. Carbohydr Res. 455:92-96. (2018)

 

Umekawa M*, Ujihara M, Nakai D, Takematsu H, Wakayama M Ecm33 is a novel factor involved in efficient glucose uptake for nutrition-responsive TORC1 signaling in yeast. FEBS Lett. 591(22):3721-3729 (2017) Editors choiceに選抜

 

Umekawa M*, Ujihara M, Makishima K, Yamamoto S, Takematsu H, Wakayama M “The signaling pathways underlying starvation-induced upregulation of α-mannosidase Ams1 in Saccharomyces cerevisiae.” Biochim Biophys Acta. 1860(6):1192-1201 (2016)

 

Prihanto AA, Nonomura Y, Takagi K, Naohara R, Umekawa M, Wakayama M* “Novel properties of γ-glutamyltransferase from Pseudomonas syringae with β-aspartyltransferase activity. Biotechnol Lett. 37(11):2255-2263 (2015)

 

Umekawa M and Klionsky DJ* Ksp1 kinase regulates autophagy via the target of rapamycin complex1 (TORC1) pathway. J Biol Chem. 287(20):16300-16310 (2012) ◆留学先で行った酵母のオートファジー制御に関する論文

 

Bartholomew CR, Suzuki T, Du Z, Backues SK, Jin M, Lynch-Day MA, Umekawa M, Kamath A, Zhao M, Xie Z, Inoki K, Klionsky DJ* “Ume6 transcription factor is part of a signaling cascade that regulates autophagy. Proc Natl Acad Sci U S A. 109(28):11206-11210 (2012)

 

Umekawa M*, Higashiyama T, Koga Y, Tanaka T, Noguchi M, Kobayashi A, Shoda S, Huang W, Wang LX, Ashida H, Yamamoto K. Efficient transfer of sialo-oligosaccharide onto proteins by combined use of a glycosynthase-like mutant of Mucor hiemalis endoglycosidase and synthetic sialo-complex-type sugar oxazoline.” 

Biochim Biophys Acta. 1800(11):1203-1209 (2010) ◆微生物の酵素を使った機能性糖タンパク質合成に関する論文

 

Shintani T, Yamazaki F, Katoh T, Umekawa M, Matahira Y, Hori S, Kakizuka A, Totani K, Yamamoto K, Ashida H*. Glucosamine induces autophagy via an mTOR-independent pathway. Biochem Biophys Res Commun. 391(4):1775-1779 (2010)

 

Umekawa M, Li C, Higashiyama T, Huang W, Ashida H, Yamamoto K*, Wang LX* “Efficient glycosynthase mutant derived from Mucor hiemalis endo-beta-N-acetylglucosaminidase capable of transferring oligosaccharide from both sugar oxazoline and natural N-glycan. J Biol Chem. 285(1):511-521 (2010) ◆開発した遺伝子改変酵素は市販化

 

Huang W, Li C, Li B, Umekawa M, Yamamoto K, Zhang X, Wang LX*  “Glycosynthases enable a highly efficient chemoenzymatic synthesis of N-glycoproteins carrying intact natural N-glycans. J Am Chem Soc. 131(6):2214-23 (2009) ◆メリーランド大学Wang博士との共同研究

 

Umekawa M, Huang W, Li B, Fujita K, Ashida H, Wang LX, Yamamoto K*  Mutants of Mucor hiemalis endo-beta-N-acetylglucosaminidase show enhanced transglycosylation and glycosynthase-like activities. J Biol Chem. 283(8):4469-4479 (2008)

 

【総説】(抜粋)

梅川碧里 「微生物とその酵素を利用した物質生産と細胞内メカニズムの解明」化学と生物 第57巻第4号p221-227 (2019)

 

Umekawa M  Regulation and physiology of autophagy induced by glucose starvation Trends in Glycoscience and Glycotechnology 31(178):E21-E26 (2019)

 

梅川碧里「酵母におけるマンノシド糖鎖の細胞内代謝と栄養応答」応用糖質科学会誌 第8巻第3号217-223頁(2018

 

Klionsky DJ, Umekawa M et al. Guidelines for the use and interpretation of assays for monitoring autophagy. (3rd edition)Autophagy 12(1):1-222 (2016)

 

Umekawa M and Yamamoto K. Synthesis of sugar oxazolines derived from natural N-glycan as substrates for transglycosylation reaction by Endo-M. GlycoScience Protocol Online Database :Part of N-glycan (2013)  

 

Umekawa M and Klionsky DJ The Cytoplasm-to-Vacuole Targeting Pathway: A Historical Perspective. Int J Cell Biol. 2012:142634-142641 (2012)

 

梅川碧里 「糖タンパク質合成への挑戦」日本生物工学会誌11月号688頁(2011年)

 

【著書】

梅川碧里、芦田久、山本憲二「糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック〜創薬・医療から食品開発まで〜」第3章第8節酵素合成V:エンド型グリコシダーゼを利用した糖鎖合成 エヌ・ティー・エス出版 405-407頁(2015年)

 

梅川碧里、芦田久、山本憲二 「バイオ医薬品開発における糖鎖技術」エンドM酵素による糖鎖の効率的な転移付加と均一化 シーエムシー出版68-76頁(2011年)

 

梅川碧里、山本憲二 「複合糖質の化学と最新応用技術・改良型エンド酵素を用いる糖転移反応とその応用」シーエムシー出版 96-103頁(2009年)

 

 

食品発酵学研究室HP

研究室のHPもご参照ください

http://www.bio.mie-u.ac.jp/seimei/kinoh/ferment/