生理活性化学

分子同士がお互いを選んで結合する分子認識が生命活動の鍵を握っている。そのような分子認識を有機化学的に捉え,一歩ずつ解明していく立場から,バクテオリオファージの宿主認識や医薬品の皮膚透過機構を解析しよりよい薬や機能性素材生み出すための基礎研究を行う。そのため,ファージや大腸菌,皮膚をタンパク質や糖鎖,反応する分子にまで細かく分けていき,それぞれの挙動を物理化学的に調べる手法に重点を置く。また,医薬品を効率的に合成する反応の開発や,食品・飲料の美味しさを解明する応用研究も行う。

 教 授 稲垣 穣

最近の出来事