生物資源学部について

About us

多様な生物資源と、それを育む環境を学び、人類の未来に活かす。

生物資源は、山から海までの広範な地域で育まれ、食料をはじめとして工業原料、エネルギーなど人類にとって有用な財を提供します。
その特長は、適切に利用すれば、枯渇することなく、持続的に利用できることです。また生物資源を生産するために良好に管理された環境は、人類が生きていく上でも良好な環境を保つ役割も果たしています。
生物資源学部では、このような生物資源の生産と利用、その生産を支える環境の維持に貢献できる能力を身につけることを目指しています。

Message学部長メッセージ

生物資源学部は35年ほど前、当時の農学部と水産学部の統合により発足した、全国にないユニークな学部です。大学院の博士課程を大学単独でもち、入学定員が260名と農学系では東海・中部の国公立大学の中で最も多く、近畿、中四国を加えても第2位を誇ります。前身を1921(大正10)年設置の三重高等農林学校とし、100周年を迎えた伝統校です。
100周年の記念事業を実施し、クマノザクラの記念植樹も行い、記念の石碑を教育学部との間の緑地に設置しましたので、是非ご覧になって下さい。
生物資源学部には、約70もの教育研究分野があり、農林水産系におけるほとんどの学問領域をカバーします。
SDGsやSociety5.0などの社会的要請や学生の希望等に即した各専門分野の育成人数バランスへの柔軟な対応と、分野横断型の教育研究の創出を狙い、この春より、新たな生物資源学部への改組が行われました。
また、附属教育研究施設として、紀伊・黒潮生命地域フィールドサイエンスセンター(農場、演習林、水産実験所)、そして中部地区の国立大学の中では唯一の練習船(勢水丸)を所有し、さらに、2016年12月、全国初の鯨類研究センターを設置しました。
このように、生物資源学部は「山の頂から海の底まで」広大なフィールドを教育・研究の対象とし、自然環境の保全と農林水産業及びその関連産業、すなわち、食料、環境、健康、バイオにかかわる産業振興を担う人材の育成を目指しています。

みなさんの好奇心と可能性を満たす場所が必ず見つかるでしょう。

生物資源学部長 松村直人

生物資源学研究部長 生物資源学部長 松村直人

Features生物資源学部 5つの特徴

Features01

山の頂から海の底まで
人間が生きていくために必要不可欠な陸と海の生物資源、そしてそれを取り巻く環境について1学部で総合的に学ぶことができます。
生物資源の持続的利用のための応用研究とそれを支える分子から生態系、環境に関する基礎的な研究が70以上の研究室で活発に行われています。 関連のページへ

Features02

充実の教育支援体制
附属教育研究施設の演習林、農場、水産実験所はフィールドサイエンスに特化しており、学生実習を通じて、講義で学んだ知識を実地に体験することができます。練習船勢水丸は、中部地区の国立大学が所有する唯一の水産・海洋系練習船で洋上実習を行うことができます。
また、学部からさらに学問を深めたい学生のために大学院博士前期、後期課程までの一貫教育を同じキャンパスで受けることができます。入学から卒業までのカウンセラー制度や学習支援のための独自の奨学金制度もあります。関連のページへ

Features03

官民研究所や博物館・水族館との連携
国や民間の研究所と連携した連携大学院が設置されています。これにより専門的で高度な学びの機会を得ることができます。また、三重県総合博物館(MieMu)や地域の水族館との連携強化が図られ、共同研究を行い、実習などで利用されています。関連のページへ

Features04

抜群の就職実績
生物資源学部は国内農学系大学の中で高い就職率を誇り、在学中に教員免許や学芸員をはじめ、将来につながるさまざまな資格を取得することができます。
三重大学ではインターンシップを卒業要件としており、職業適性や将来設計について考える機会を与えています。学内にはキャリア支援センターがあり、インターンシップ先の紹介や就職相談など、さまざまな就職に関する支援を行っているので、学生は勉強・研究しながら気軽に支援をうけることができます。 関連のページへ

Features05

大学の知を地域に還元
生物資源学部では地域の産業振興や雇用拡大を後押しすべく、教員と学生の調査・研究活動に取り組んでいます。また小学生から高校生を対象にした出前授業、高校生対象のスーパーサイエンス・ハイスクールや学問探究セミナー、一般を対象にしたオープンラボなど、学外の地域の方々を対象とした魅力的な講座を多数開講しています。関連のページへ

Alumni三翠同窓会

三翠同窓会は、会員相互の連携と親睦を深めるため、同窓生や母校の最新情報を提供しております。また、本会及び母校の発展と向上に努力するために総会や後援会を開催し、母校の教育研究への資金提供を行っております。
三翠同窓会は、三翠農学会、三翠志登茂会、三重林学会、三翠化学会、勢水会、総合農学科、三翠農機会、農村工業実科・農業別科、大道会( 拓殖訓練所)、資源循環学会、共生環境学会、生物圏生命科学会から構成されています。

三翠同窓会について 三翠化学会について 三翠会館アクセス※マップ上Ⅱ-1、アルファベット
O(オー)をお探しください。
三翠同窓会写真
所在地「津市」について
三重県の県庁所在地である津市には、三重大学をはじめ、県庁など官公庁や国の出先機関ならびに文教施設が集約されています。津市の名称は、世界で最も短い地名(駅名としても)としてギネスブックに掲載されています。また、「津」は港を意味する言葉でもあります。伊勢国安濃郡(現在の三重県津市)の港である安濃津は日本三津(さんしん)の一つであり、 日本の古代から中世にかけて栄えた港でした。
津市ホームページ
パンフレット