未来海洋予測学

地球の表面積の7割を占める海は、大気を暖めたり冷やしたり、水蒸気を大気に与えたりすることで、地球の気候に大きな影響を及ぼしています。海が寒波や猛暑、大雨や干ばつの原因となっていることも多いと考えられているのです。しかしながら、海と大気の変化の仕組みは複雑で、気候変動における海の役割を明らかにするために今後解明していかなければならない研究課題がまだまだ数多く残されています。研究室では、集中豪雨、低気圧、台風など様々な大気現象に対して海がどのような役割を果たしているのかを明らかにしていくとともに、海の将来の変化が気候変動にどのような影響を与えるのかを調べていきます。

 准教授 万田 敦昌

最近の出来事