松田陽介教授の記事が「こんな研究をして世界を変えよう」というサイトに掲載されました


河合塾が運営する「みらいぶプラス・みらいぶっく」にて、本研究科 森林微生物学研究室の松田陽介教授の「豊かな森を維持する仕組み」に 関する研究が詳しく紹介されています。
「こんな研究をして世界を変えよう」サイトは、内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の エビデンス事業の一環で、エビデンスシステムである e-CSTIと連携し、専門分野である各学問では、 どんなリアルな研究がなされ、それがどのように社会とつながり、どのように社会を変えようと しているのか、中高生含め一般の人にも理解できるように編集されています。


⇒ 詳細は,下記サイトをご覧ください。(三重大学外部のホームページです)

https://www.sekaiwokaeyo.com/theme/2878/







パンフレット