応用環境情報学

情報処理技術を用いて環境評価を行い,さらに制御工学およびシステム工学の手法を応用して環境負荷をできるだけかけないような生物生産システムの構築を目的とする。具体的には,環境負荷を軽減し,化学肥料や農薬の施用を最小限とする精密農業を実現するための農用車両の最適制御や走行性に関する研究, またレ-ザ光線や音などの物理的防除法, バイオマスや食品に関するライフサイクルアセスメント(LCA)について教育研究する。

 教 授 佐藤 邦夫
 准教授 福島 崇志

最近の出来事