森林環境砂防学


2011紀伊半島豪雨

豪雨や地震,火山噴火など,様々な要因によって発生し,甚大な被害をもたらす土砂災害の発生機構を解明し,その防止・軽減につながる手法を開発・提案するための研究を行っている。 自然または人為的な要因によって変化した森林環境を評価し,災害の防止・軽減の観点から適切な状態に修復することを目指した調査・研究も行っている。 これらをもとに,土砂災害の防止・軽減と流域での安全な生活につながる情報を社会に提供することを目指す。


准教授  沼本 晋也




最近の出来事

パンフレット