水圏生物利用学

水圏に棲息する魚介類を対象とし,それらの生産する有用物質の抽出解析並びに未利用資源の開発を行うとともに,遺伝子操作を用いた魚類や微生物の品種改良のための原理と技術を研究する。また,化学物質と生体の相互作用を遺伝子レベルで解明し,その作用機序を明らかにするための技術やシステム生物学に関する教育研究を行う。

 教 授 田丸  浩

最近の出来事