環境情報システム工学講座

人類が,他の生物と共生し環境を保全しつつ持続的な発展を図るため,我々の講座では,生物生態に関する知識を基に,情報処理技術を核とした環境情報の計測,生産システムの制御,複雑系に関するシステム工学を教育・研究の手段とする。すなわち,環境改善に関連する各種プラントおよび環境共生技術について基礎原理に基づく教育・研究を行う。また,精密管理による低環境負荷型技術を用いた生物資源の生産及びその加工などの応用技術について教育・研究を行う。


生物資源学部では平成27年度から、資源循環学科、共生環境学科、生物圏生命科学科の3学科体制のもと、専門分野を再構成しました。

環境情報システム工学講座の教育研究分野

応用環境情報学

情報処理技術を用いて環境評価を行い,さらに制御工学およびシステム工学の手法を応用して環境負荷をできるだけかけないような生物生産システムの構築を目的とする。具体的には,環境負荷を軽減し,化学肥料や農薬の施用を最小限とする精密農業を実現するための農用車両の最適制御や走行性に関する研究, またレ-ザ光線や音などの物理的防除法, バイオマスや食品に関するライフサイクルアセスメント(LCA)について教育研究する。

生産環境システム学

生物生産や工業生産,環境などに関わる機械・設備システムについて,安全・安心で低環境負荷の実現および新しいシステムの創成を目標とする。情報工学やシステム工学などを用いて機械・設備システムの性能を解析し,併行して先端技術の導入により環境にやさしく安全・安心な機械・設備システムの設計と状態監視・診断法および知能ロボットシステムについて教育研究を行う。

生物環境制御学

生物資源生産における生物と周辺環境・介在する人間等に関する情報を取得し,その環境情報を制御することにより植物工場などの最適な生物資源生産システムを構築する理論・技術を教育研究する。

エネルギー利用工学

環境に配慮しつつ,情報処理技術と工学的手法を用いて,化石燃料に代わる再生可能な自然エネルギー資源の開発および利用,バイオマス材料の開発,低環境負荷型生物生産システムの自動化およびエネルギー有効利用のための各種機械装置の最適化に関する理論と技術について教育・研究を行う。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

最近の出来事