国際資源植物学

国際資源植物学は、日本を含めた世界のどこかで有用資源として栽培される植物について様々な視点から探究する学問である。
食料、飼料、医薬品、工業用原材料、エネルギー等に利用される植物が対象となる。
私達は、そうした有用な植物を栽培する技術、特に様々な環境条件下で植物の生産量を増加させる技術、さらには最終産物の品質改善を促す技術を研究する。

 准教授 関谷 信人

最近の出来事