国際・地域資源学講座

地域社会が直面している現実や取り組まなくてはならない問題と正面から向き合えるように、当講座では、社会科学と自然科学の両分野から積極的な課題教育を導入している。
そして、私たち人類の生命基盤である農林水産業の実態や可能性について統合的に思考する能力と、国際社会において地域の自立・発展を目指す視座、およびグローバル社会におけるコミュニケーション能力の修得を通して、国際社会における地域の課題に取り組み、地域を発展させることのできる、地域リーダーとなる人材の育成を目指す。

国際・地域資源学講座の教育研究分野

生物資源経済学

現在,日本の食料自給率は40%まで低下する一方で,発展途上国での食料需要の増加やバイオ工ネルギー生産の増加などのために世界の食料需給は逼迫しつつあり,価格も上昇傾向にあり,今後の食料の安定供給に対する不安が高まっている。本研究室では,このような日本や世界が直面している食料や農業,さらにそれと関連した環境や農村の問題について社会経済学的側面から研究している。

循環経営社会学

主に農業経営学,地域社会学の視点から,食料問題・農業問題・環境問題を考察している。生ゴミの堆肥化など食品リサイクルの推進,有機農業や環境保全型農業経営の確立,企業や個人による農業参入の促進,競争力ある農業経営の育成などの課題に取り組んでいる。実際に国内外の農業経営や食品関連企業を訪ねたり,消費者の食に対する意識を調査したりするなど,現場に出て人と触れ合う機会が多い分野である。

資源経済システム学

海洋は人間にとって食料(=水産物)の供給を担うだけではなく,適正な環境を維持し,将来人間が豊かに生活していくためのさまざま有益な役割を果たしている。当分野は,こうした海洋の持つ人間にとっての多面的な価値を見直し,特に「安全・安心」 に配慮した食料産業のあり方を水産物の生産・流通・消費システムを通して教育研究する。

国際資源植物学

国際資源植物学は、日本を含めた世界のどこかで有用資源として栽培される植物について様々な視点から探求する学問である。食料、資料、医薬品、工業用原材料、エネルギー等に利用される植物が対象となる。私達は、そうした有用な植物を栽培する技術、特に様々な環境条件下で植物の生産量を増加させる技術、さらには最終産物の品質改善を促す技術を研究する。

国際資源利用学

近年,過剰に生産性や利益を追求するあまり,世界で草地利用・家畜生産システムに深刻な問題(草原の劣化,生産病,家畜福祉等)が生じている。この現状を打破し,持続的な草地利用・家畜生産システムを確立するため,放牧草原を構成する牧草-動物-土壌の相互作用を含んだ生態系システムの理解や,家畜(草食動物)の飼料,栄養,健康性,行動に関する研究を行う。

最近の出来事