農業生物学講座

人類にとって農業による食料生産は必要不可欠な営みである。また,安全でおいしい食品の供給・地球環境の保護・生物資源の循環においても農業が重要な役割を担っていることはいうまでもない。この活動をより安定に,より良くしていくためには対象とする動植物の生命現象について深く理解することが必要である。そこで私たちの講座では,農学の考え方を出発点として,そこから新たに発展した生物科学を様々な視点から追究し,世界的な食料問題の解決や緑豊かな環境の維持に役立てることを目的としている。

農業生物学講座の教育研究分野

分子遺伝育種学

育種とは,人間にとって望ましい方向へ生物の遺伝的性質を改変する技術であり,品種改良と言い換えることもできる。私たちの研究室では,植物の育種にとって重要な生殖機構(受粉・受精,自家不和合性,花器官形成など)の研究を中心に,遺伝子・ゲノムレベルでの研究を行っている。また,植物への遺伝子導入技術を用いて,育種に有用な遺伝子の機能解明や遺伝子組換え植物の作出を進めている。

資源作物学

人間は衣・食・住を基礎とした人間らしい生活を実現するために必要な資源を農林水産業により持続的に生産している。そのうち,食糧となる食用作物や工業原料となる工芸作物などの資源作物について,それぞれの特性を明らかにし,有効な栽培・利用方法をみいだそうとする学問が資源作物学である。三重県特産品のイセイモ,ダイズ,水稲などの新品種育成や環境保全型農業生産技術の開発を通して地域の農業に貢献している。

園芸植物機能学

園芸植物がもつ有用な様々な機能を,果樹や野菜の栽培の改善に役立てるために研究を行っている。果樹では,温帯果樹の受精や果実の発育・成熟に関する生理・生化学的研究を行い,野菜では,環境ストレスに対する生理・生化学的反応の解明とこれらに基づいた高品質野菜の栽培法の確立を目指している。

動物生産学

ウシ・ブタ・ニワトリの作る肉・牛乳・卵を食べることで,人は良質のたんぱく質を摂ることができ,健康の維持ができる。私たちの研究室では「動物のホルモン分泌」や「工サの消化に重要な 微生物」について調べることで,動物の生産性を高めるための基礎的な研究を行っている。動物の生産性を高めることができれば,より少ない工サで動物を飼うことができ,環境に対する負荷も減少するので,食料問題や環境問題の解決につながる。

草地・飼料生産学

草地で生産される飼料作物や食品製造で発生する副産物などの飼料資源を対象に,発酵飼料(サイレージ)としての貯蔵特性や反芻家畜における栄養成分の利用性について調査・研究を行う。

植物医科学

人間がインフルエンザにかかるのと同じく,植物もいろいろな原因で病気になる。植物の病気を防ぐためにはその病気を正しく診断し,病原菌の種類や生態を正確に理解する事が必要である。私たちの研究室は,将来,植物の医者(植物医)として植物病害の診断,防除指導ができる人材を育てる事を目標に教育を行っている。研究面では,植物病害の原因となる微生物(主に菌類)の分類,多様性,系統,進化について,顕微鏡を使った形態学的方法,遺伝子解析等の分子生物学的方法を併用して研究を行っている。

昆虫生態学

私たちの目標は,害虫の防除,有用昆虫の利用,昆虫群集の保全のための知識をおもに生態学・行動学・進化学的に深めることである。テーマとして基礎から応用研究まで幅広く扱っているが,どちらかといえば,基礎研究が中心である。現在研究している主要な昆虫は,ウンカ(稲の重要害虫),カマバチ(ウンカの寄生蜂,子殺しを行う),アシナガバチ,小甲虫(果樹などの花粉媒介者),カメムシ類(害虫として,ただの虫として)である。

野菜ゲノム育種学

野菜には分類学的に多種多様な植物が含まれており,その栽培法や食品としての利用法もバラエティーに富んでいる。私たちの健康維持・増進に不可欠なこれら野菜の品種改良や品質改善に関する先端的研究が,連携大学院である農研機構野菜花き研究部門の多数の研究室において展開されている。とりわけ近年では,それぞれの植物に固有なゲノム情報をもとにして,DNAマーカーを利用した病虫害などに抵抗性を有する個体の選抜育成,有用遺伝子の単離・同定と品種開発への応用が積極的に進められている。本研究分野を専攻する院生は,充実した研究設備と多数の研究員に囲まれて,先端的な遺伝子・ゲノム科学の研究を推進することができる。

最近の出来事