森林資源環境学講座

世界の陸地の30%を覆っている森林は,陸上の生物現存量の90%に達する巨大な生物群集である。このため森林は,地球環境の維持に大きな役割を果たすと同時に,再生可能な資源としても重要である。さらに,国土保全,水源かん養,気候緩和などの環境を調節する機能があるばかりでなく,緑の空間が精神的な安らぎを与えるなど,森林は私たちの生活に大きく貢献している。我々の講座では,生態学,植物学,微生物学,土壌学,化学,物理学,情報科学などの講義・実習や,附属演習林における実習などを通して,多面的な機能をもつ森林の特性を理解し,自然環境との調和を保ちながら,その資源と多様な機能を持続的に利用する方法を探求してゆく。


生物資源学部では平成27年度から、資源循環学科、共生環境学科、生物圏生命科学科の3学科体制のもと、専門分野を再構成しました。

森林資源環境学講座の教育研究分野

森林保全生態学

森林生態系の基本要素である樹木を対象に,天然生の森林群落の生物多様性や群落構造を継続して長期間測定し,さらに,個々の樹木の生育環境を調べることで,森林生態系が維持されるしくみを解明する研究を展開する。また,絶滅危惧植物や特殊な水分環境で育つ樹木について,水分条件などを制御して栽培し,生理生態的性質を明らかにする研究や樹木の葉からDNAを抽出して遺伝的多様性などを明らかにする研究を行う。

森林微生物学

森林生態系における物質循環の機構を探り,絶滅危惧植物を保全するため,森林における微生物,とりわけ植物に共生する真菌類(菌根菌)や細菌類などの種多様性やその役割を微生物の有する形態,組織,遺伝子情報を手がかりとして生態学的な調査・研究を行う。

土壌圏生物機能学

過酷な土壌環境,特に金属を多く含む不良土壌に生育する植物の研究を通し,植物が持つ環境への適応能力や多様性などを明らかにすると共に,自然界の物質循環(無機物?有機物)の根源である土壌と植物の相互関係について学ぶ。

森林環境砂防学

甚大な被害をもたらす土砂災害の効果的な減災手法,台風や地震,噴火,人工改変などによって破壊された森林環境の修復手法の構築を目指した調査研究を行う。また,今後の都市・中山間地での人口変動や社会ニーズの変化などの予測をもとに,近未来の土砂災害の減災手法を社会に提言することを目指す。

森林利用学

わが国の約70%が森林である。この広大な森林は,重要な資源であり,また生物の生息・生育域でもある。森林の持続的な利用と適切な管理を目指して,現地調査を行い,また数理モデル,リモートセンシング,GISなどを活用し,森林利用学,森林情報学的手法によって「木材生産作業の低コスト化」,「森林の広域的な分布・動態・機能の解明」などについて研究を行っている。

木質資源工学

木材は古来から利用されてきた私達の生活に密着した材料である。木材は中空の繊維からできているため,断熱性,調湿性にすぐれ,軽くて強度があり,環境に優しく,かつ光合成により永続的に再生産可能な理想的な材料でもある。本研究室は,木材の特徴を生かして工学的に種々の変換を加えることにより,住宅などの構造材料や屋内外環境形成素材として有効に利用するための理論と技術について研究している。

木質分子素材制御学

二酸化炭素と水を原料に光合成により形成される木材は貴重な再生可能有機資源である。燃焼利用では,長年蓄積した炭素を瞬時に大気に放出するばかりでなく,豊かな潜在能力を放棄してしまう。本研究室は,木材を化学的に機能性新素材に変換する世界オンリーワンの技術を武器に,地球生態系を乱さない先進的なバイオマス資源の使い方を提案し,石油に依存しない持続可能な社会の構築を目指している。

最近の出来事