海洋生命分子化学講座

多様な海洋生物の生命機能の基礎的性質を化学的に解明するとともに、魚介類、藻類、海洋微生物などの海洋の生物資源の有効利用を目指し、それらのもつ成分の分離と分析を行って、生物情報を集積する。さらにそれらを素材として生化学的手法、遺伝子工学的手法により、機能性をもった食糧資源や化粧品などの創出を行う。当講座では、そのために必要な分析技術、生化学、分子生物学に関する教育・研究を行う。さらにあわせてこれらの技術を実践する能力を習得するための教育・研究も行う。

海洋生命分子化学講座の教育研究分野

海洋生物化学

海洋生物,特に大型藻類に含まれる生体成分のヒトに対する機能性の活用,および将来に向けた養殖藻類の安定生産を目的とする。 藻類由来の『美と健康』に寄与する機能成分の探索とその動態の科学的な解明,あるいは藻類の生長・代謝特性を分子レベルで解析することにより,社会への還元を目指して教育研究する。

水圏生物利用学

水圏に棲息する魚介類を対象とし,それらの生産する有用物質の抽出解析並びに未利用資源の開発を行うとともに,遺伝子操作を用いた魚類や微生物の品種改良のための原理と技術を研究する。また,化学物質と生体の相互作用を遺伝子レベルで解明し,その作用機序を明らかにするための技術やシステム生物学に関する教育研究を行う。

水圏材料分子化学

水圏には多様な生物が棲息している。当研究室では、この多様な水圏生物から美容(美白、光皮膚老化)やガン、骨粗鬆症、アレルギーといった生活習慣病の予防・改善に寄与する成分を探索するとともに、科学的根拠に基づいた作用機序の解明に取り組んでいる。また、機能性食品や香粧品への応用展開を迅速にするために非コードRNAや細胞が分泌するエキソソームを利用した機能性成分のスクリーニングのための新しい評価技術の開発にも取り組んでいる。このように、本研究分野ではヒトの「生活の質」の向上に資する素材開発を目的に細胞生物学や実験動物学、栄養学の視点から教育研究を行う。

生物物性学

光合成によって合成されたブドウ糖が生体内に取り込まれると,生物共通のエネルギ-燃料であるATPに変換される。さらにATPの化学的エネルギ-が効率良く力学的なエネルギーに変換されて,生物の運動が行われている。このような生体内での物質代謝やエネルギ-の変換機構を詳細に理解することによって,それが生物資源の循環利用にいかに役立つかを教育研究する。

生体高分子化学

海洋および陸水に生息する魚貝類の多様な形態と機能が陸上生物のそれらと異なるのは,水中の環境に馴化するために進化した結果であり,遺伝子やそれから機能発現したタンパク質など生体高分子の相違に起因する。これらの遺伝子やタンパク質などの生体高分子の情報,構造および機能を分子レベルで解明し,有効利用に資することを目的に,その学理と技術を教育研究する。

海洋微生物学

微生物(細菌類,真菌類,単細胞藻類)を海洋における有用生物資源の一つとして位置づけ,有用微生物の探索と単離を行い,生化学的・生理学的・生態学的特性の解析ならびに有効活用するための理論と技術について研究する。また,食品微生物の制御技術の根幹をなす洗浄および殺菌技術の最適化を目的として,界面化学的な解析を軸に多面的な教育研究を行う。

水産物品質学

食品としての魚介類における品質保持・向上のため,生体内の鮮度保持に関連する酵素や血液成分の生化学的物質,魚類由来の糖タンパク質やオリゴ糖の機能と構造を科学的に究明し,水産物の品質および食品衛生に関する教育研究を行う。また,主に水産資源の高付加価値化に資する,産業上有用なタンパク質や化学品原料を対象とし,その生産に関わる遺伝子の探索および機能解析,物質生産に関して,分子生物学および生物工学を基盤とした教育研究を行う。

海洋食糧化学

海洋生物を構成する生体分子,特に海藻由来のフェノール性化合物や色素成分,糖質,脂質など有用有機化合物の探索ならびに三次機能成分としてそれらの利用と開発を目指した研究を行う。ターゲットとなる有機化合物について,質量分析装置による分子構造の推定や動物細胞を用いた生理機能の評価,代謝物解析など分析化学と食品機能学に関する教育研究を行う。

最近の出来事