共生環境学専攻は,母なる地球が育む多様な生態系から成る地球生命圏の環境を理解し,保全・修復しつつ,人間活動と生態系が調和する持続的な生物生産システム構築を目指している。このため,本専攻では,陸圏・海洋圏・大気圏が複雑に連動する地球生態システムを対象に,「微生物相」から「地球そのもの」というようなミクロスケールからマクロスケールまでをカバーする気象学・環境科学・生態科学などの基礎サイエンスに根ざした教育・研究を行う。本専攻は,基礎的学問分野である地球科学・土壌科学・植物生理生態学や応用的学問分野であるフードシステム科学を対象とする地球システム学講座,生物生態に関する知識を基に,情報処理技術を核とした環境情報の計測・制御・システム工学を手段とする環境情報システム工学講座,自然の営みと人間が直接かかわる農村や田園を保全し,健全な物質循環の場として持続的利用することを目的とする農業農村工学講座の3つの講座から構成されている。それぞれの教育・研究の内容は以下の通りである。

共生環境学専攻の講座

地球システム学講座

気候変動や異常気象発生などの地球環境の変化は,大気・海洋・土壌・植生・水圏・生態圏と人間・諸動物の活動などから成る地球システムや生態環境システムと連動している。これらシステムを構成する基本構造,変動過程,共生関係や相互作用について,例えば,地球の進化,風土・テロワール,地球環境保全,動植物の生理生態・生態調和や人間活動について,観察・観測,実験・調査,リモートセンシング,数値解析などを援用して研究する。研究で得られた新たな科学的知見,研究を通して修得した思考力・実践力を活かし次代の文化形成と持続可能な社会構築に貢献できる人材養成に向けた教育研究を行う。

環境情報システム工学講座

人類が,他の生物と共生し環境を保全しつつ持続的な発展を図るため,我々の講座では,生物生態に関する知識を基に,情報処理技術を核とした環境情報の計測,生産システムの制御,複雑系に関するシステム工学を教育・研究の手段とする。すなわち,環境改善に関連する各種プラントおよび環境共生技術について基礎原理に基づく教育・研究を行う。また,精密管理による低環境負荷型技術を用いた生物資源の生産及びその加工などの応用技術について教育・研究を行う。

農業農村工学講座

我々の講座では,農業を営む場である農村地域を保全し,健全な物質循環の場としての豊かな農村環境を創出することを目標とした教育・研究を行っている。具体的には,自然の営みと人間が直接かかわる農村における水・土・空間の持続的で適正な利用,農村環境に関する計画・保全,農地・農用施設の整備・維持管理,地域資源の有効利用,自然災害に対する防災・減災,復旧に必要な理論と技術,長期基層変動による地形形成プロセスの解明,地表流・地中流に関する調査と解析,農地における水分,化学物質,熱,ガスの流れの解明と予測についての教育・研究を行う。

最近の出来事