資源循環学専攻では,生物資源を効率良く,環境に優しい方法で循環利用するための研究や技術開発を行い,新しい社会をデザインできる人材育成,調和の取れた循環型社会の構築を目指している。
このため,本専攻では,生物の生命の仕組み,それらの生物を取り巻く環境,生物多様性についての学聞を通して,生物資源の持続的利用の教育研究を行う。主に食料・有用物質等の生物資源利用を教育研究する農業生物学講座,主に森林資源と多様な機能を持続的に利用する方法を教育研究する森林資源環境学講座,経済的,経営的,社会的,政策的側面から生物資源利用を教育研究する国際・地域資源学講座の3つの講座から構成されている。それぞれの講座の教育・研究の内容は以下の通りである。

資源循環学専攻の講座

農業生物学講座

人類にとって農業による食料生産は必要不可欠な営みである。また,安全でおいしい食品の供給・地球環境の保護・生物資源の循環においても農業が重要な役割を担っていることはいうまでもない。この活動をより安定に,より良くしていくためには対象とする動植物の生命現象について深く理解することが必要である。そこで私たちの講座では,農学の考え方を出発点として,そこから新たに発展した生物科学を様々な視点から追究し,世界的な食料問題の解決や緑豊かな環境の維持に役立てることを目的としている。

森林資源環境学講座

世界の陸地の30%を覆っている森林は,陸上の生物現存量の90%に達する巨大な生物群集である。このため森林は,地球環境の維持に大きな役割を果たすと同時に,再生可能な資源としても重要である。さらに,国土保全,水源かん養,気候緩和などの環境を調節する機能があるばかりでなく,緑の空間が精神的な安らぎを与えるなど,森林は私たちの生活に大きく貢献している。我々の講座では,生態学,植物学,微生物学,土壌学,化学,物理学,情報科学などの講義・実習や,附属演習林における実習などを通して,多面的な機能をもつ森林の特性を理解し,自然環境との調和を保ちながら,その資源と多様な機能を持続的に利用する方法を探求してゆく。

国際・地域資源学講座

地域社会が直面している現実や取り組まなくてはならない問題と正面から向き合えるように、当講座では、社会科学と自然科学の両分野から積極的な課題教育を導入している。そして、私たち人類の生命基盤である農林水産業の実態や可能性について統合的に思考する能力と、国際社会において地域の自立・発展を目指す視座、およびグローバル社会におけるコミュニケーション力の修得を通して、国際社会における地域の課題に取り組み、地域を発展させることのできる、地域リーダーとなる人材の育成を目指す。

教育研究分野
教育研究分野
教育研究分野

分子遺伝育種学

育種とは,人間にとって望ましい方向へ生物の遺伝的性質を改変する技術であり,品種改良と言い換えることもできる。私たちの研究室では,植物の育種にとって重要な生殖機構(受粉・受精,自家不和合性,花器官形成など)の研究を中心に,遺伝子・ゲノムレベルでの研究を行っている。また,植物への遺伝子導入技術を用いて,育種に有用な遺伝子の機能解明や遺伝子組換え植物の作出を進めている。

森林保全生態学

森林生態系の基本要素である樹木を対象に,天然生の森林群落の生物多様性や群落構造を継続して長期間測定し,さらに,個々の樹木の生育環境を調べることで,森林生態系が維持されるしくみを解明する研究を展開する。また,絶滅危惧植物や特殊な水分環境で育つ樹木について,水分条件などを制御して栽培し,生理生態的性質を明らかにする研究や樹木の葉からDNAを抽出して遺伝的多様性などを明らかにする研究を行う。

生物資源経済学

現在,日本の食料自給率は40%まで低下する一方で,発展途上国での食料需要の増加やバイオ工ネルギー生産の増加などのために世界の食料需給は逼迫しつつあり,価格も上昇傾向にあり,今後の食料の安定供給に対する不安が高まっている。本研究室では,このような日本や世界が直面している食料や農業,さらにそれと関連した環境や農村の問題について社会経済学的側面から研究している。

資源作物学

人間は衣・食・住を基礎とした人間らしい生活を実現するために必要な資源を農林水産業により持続的に生産している。そのうち,食糧となる食用作物や工業原料となる工芸作物などの資源作物について,それぞれの特性を明らかにし,有効な栽培・利用方法をみいだそうとする学問が資源作物学である。三重県特産品のイセイモ,ダイズ,水稲などの新品種育成や環境保全型農業生産技術の開発を通して地域の農業に貢献している。

森林微生物学

森林における微生物,とりわけ植物に共生する真菌類や細菌類の種類やその役割を明らかにし,森林生態系における物質循環の機構を探るため,微生物の有する形態,組織,遺伝子情報を手がかりに,生態学的な調査・研究を行う。

循環経営社会学

主に農業経営学,地域社会学の視点から,食料問題・農業問題・環境問題を考察している。生ゴミの堆肥化など食品リサイクルの推進,有機農業や環境保全型農業経営の確立,企業や個人による農業参入の促進,競争力ある農業経営の育成などの課題に取り組んでいる。実際に国内外の農業経営や食品関連企業を訪ねたり,消費者の食に対する意識を調査したりするなど,現場に出て人と触れ合う機会が多い分野である。

園芸植物機能学

園芸植物がもつ有用な様々な機能を,果樹や野菜の栽培の改善に役立てるために研究を行っている。果樹では,温帯果樹の受精や果実の発育・成熟に関する生理・生化学的研究を行い,野菜では,環境ストレスに対する生理・生化学的反応の解明とこれらに基づいた高品質野菜の栽培法の確立を目指している。

土壌圏生物機能学

過酷な土壌環境,特に金属を多く含む不良土壌に生育する植物の研究を通し,植物が持つ環境への適応能力や多様性などを明らかにすると共に,自然界の物質循環(無機物?有機物)の根源である土壌と植物の相互関係について学ぶ。

資源経済システム学

海洋は人間にとって食料(=水産物)の供給を担うだけではなく,適正な環境を維持し,将来人間が豊かに生活していくためのさまざま有益な役割を果たしている。当分野は,こうした海洋の持つ人間にとっての多面的な価値を見直し,特に「安全・安心」 に配慮した食料産業のあり方を水産物の生産・流通・消費システムを通して教育研究する。

動物生産学

ウシ・ブタ・ニワトリの作る肉・牛乳・卵を食べることで,人は良質のたんぱく質を摂ることができ,健康の維持ができる。私たちの研究室では「動物のホルモン分泌」や「工サの消化に重要な 微生物」について調べることで,動物の生産性を高めるための基礎的な研究を行っている。動物の生産性を高めることができれば,より少ない工サで動物を飼うことができ,環境に対する負荷も減少するので,食料問題や環境問題の解決につながる。

森林環境砂防学

甚大な被害をもたらす土砂災害の効果的な減災手法,台風や地震,噴火,人工改変などによって破壊された森林環境の修復手法の構築を目指した調査研究を行う。また,今後の都市・中山間地での人口変動や社会ニーズの変化などの予測をもとに,近未来の土砂災害の減災手法を社会に提言することを目指す。

国際資源植物学

国際資源植物学は、日本を含めた世界のどこかで有用資源として栽培される植物について様々な視点から探究する学問である。食料、飼料、医薬品、工業用原材料、エネルギー等に利用される植物が対象となる。私達は、そうした有用な植物を栽培する技術、特に様々な環境条件下で植物の生産量を増加させる技術、さらには最終産物の品質改善を促す技術を研究する。

草地・飼料生産学

草地で生産される飼料作物や食品製造で発生する副産物などの飼料資源を対象に,発酵飼料(サイレージ)としての貯蔵特性や反芻家畜における栄養成分の利用性について調査・研究を行う。

森林利用学

わが国の約70%が森林である。この広大な森林は,重要な資源であり,また生物の生息・生育域でもある。森林の持続的な利用と適切な管理を目指して,現地調査を行い,また数理モデル,リモートセンシング,GISなどを活用し,森林利用学,森林情報学的手法によって「木材生産作業の低コスト化」,「森林の広域的な分布・動態・機能の解明」などについて研究を行っている。

国際資源利用学

農林水産副産物や食品製造副産物等,未利用資源の有効活用を図り,効率的な食料生産の仕組み,技術を開発,確立することをめざす。とくに,植物の多種で多様な形態や細胞壁構造の特性が家畜の利用性に及ぼす機作を解明し,飼料草の難分解性要因の解明および利用性改善のための生物学的,化学的,物理学的処理技術を評価,最適化する。

植物医科学

人間がインフルエンザにかかるのと同じく,植物もいろいろな原因で病気になる。植物の病気を防ぐためにはその病気を正しく診断し,病原菌の種類や生態を正確に理解する事が必要である。私たちの研究室は,将来,植物の医者(植物医)として植物病害の診断,防除指導ができる人材を育てる事を目標に教育を行っている。研究面では,植物病害の原因となる微生物(主に菌類)の分類,多様性,系統,進化について,顕微鏡を使った形態学的方法,遺伝子解析等の分子生物学的方法を併用して研究を行っている。

木質資源工学

木材は古来から利用されてきた私達の生活に密着した材料である。木材は中空の繊維からできているため,断熱性,調湿性にすぐれ,軽くて強度があり,環境に優しく,かつ光合成により永続的に再生産可能な理想的な材料でもある。本研究室は,木材の特徴を生かして工学的に種々の変換を加えることにより,住宅などの構造材料や屋内外環境形成素材として有効に利用するための理論と技術について研究している。

昆虫生態学

私たちの目標は,害虫の防除,有用昆虫の利用,昆虫群集の保全のための知識をおもに生態学・行動学・進化学的に深めることである。テーマとして基礎から応用研究まで幅広く扱っているが,どちらかといえば,基礎研究が中心である。現在研究している主要な昆虫は,ウンカ(稲の重要害虫),カマバチ(ウンカの寄生蜂,子殺しを行う),アシナガバチ,小甲虫(果樹などの花粉媒介者),カメムシ類(害虫として,ただの虫として)である

木質分子素材制御学

二酸化炭素と水を原料に光合成により形成される木材は貴重な再生可能有機資源である。燃焼利用では,長年蓄積した炭素を瞬時に大気に放出するばかりでなく,豊かな潜在能力を放棄してしまう。本研究室は,木材を化学的に機能性新素材に変換する世界オンリーワンの技術を武器に,地球生態系を乱さない先進的なバイオマス資源の使い方を提案し,石油に依存しない持続可能な社会の構築を目指している。

野菜ゲノム育種学(連携教育研究分野)

野菜には分類学的に多種多様な植物が含まれており,その栽培法や食品としての利用法もバラエティーに富んでいる。私たちの健康維持・増進に不可欠なこれら野菜の品種改良や品質改善に関する先端的研究が,連携大学院である野菜茶業研究所の多数の研究室において展開されている。とりわけ近年では,それぞれの植物に固有なゲノム情報をもとにして,DNAマーカーを利用した病虫害などに抵抗性を有する個体の選抜育成,有用遺伝子の単離・同定と品種開発への応用が積極的に進められている。本研究分野を専攻する院生は,充実した研究設備と多数の研究員に囲まれて,先端的な遺伝子・ゲノム科学の研究を推進することができる。

最近の出来事